スポンサードリンク

カンパニョロ・ボーラのグリスアップ

スポンサードリンク

カンパニョロ・ボーラワンのフリーボディのグリスアップを行います。

マビックとおんなじくらい簡単にできますよ!

f:id:altokoubou:20160920135320j:plain

 

スプロケットを取り外す手順はマビックと同じ。

f:id:altokoubou:20160919222508j:plain

ロックリング回し(ハブの中心の工具)をフリーホイールのロックリングに嵌めて、左に回して緩めます。

この時にフリーが左に回ろうとするのをスプロケット外し(外側の工具)で抑えつけます。

ちなみに正ネジ(右ネジ)になっています。

 

フリーボディの両側に5mmの6角レンチを差し込んで同時に左に回します。

f:id:altokoubou:20160920144846j:plain

カチン!と回り始めました。

 

フリーボディ側のこのナットを取り外します。

f:id:altokoubou:20160920145049j:plain

 

モンキーレンチと5mmの6角レンチを使います。

モンキーレンチがくわえているこの6角ナットは緩み止めの為に「逆ネジ」になっています。

つまり左に回すと締まり、右に回すと緩む。

6角レンチでハブ軸の回転を止めて、モンキーでナットを右に回して緩めます。

f:id:altokoubou:20160920145149j:plain

 

ナットは簡単に外れてフリーボディ本体が抜き取れた。

f:id:altokoubou:20160920145527j:plain

 

本体の中身はあまり汚れていませんでした。

f:id:altokoubou:20160920214819j:plain

 

マビックと違い、3箇所のラチェットがOリングで留められているので、バネの力でラチェットが吹っ飛んで行く心配はありません。

 

きれいに拭きあげました。

f:id:altokoubou:20160920150535j:plain

 

カンパホイールは他社製のグリスを使用しても特に問題がないようなので、手持ちのシマノのフリーハブグリスを使います。

f:id:altokoubou:20160920151044j:plain

 

グリスアップを施したことにより、カンパホイール独特のあのラチェットの爆音が消えることは惜しいのですが、音よりも走行性能!

爆音はまたすぐに復活するのでたっぷりとグリスを塗りたくりました。

f:id:altokoubou:20160920214954j:plain

 

ハブの側にもたっぷりと。

f:id:altokoubou:20160920151642j:plain

 

3箇所のラチェットをつまんでボディ本体を右に回し、ねじ込むようにハブにはめ込みます。

f:id:altokoubou:20160920152101j:plain

 

反対側の玉押しもねじ込みます。

f:id:altokoubou:20160920152143j:plain

 

 

f:id:altokoubou:20160920152211j:plain

 

解体したときと同じ様に、両側に5mmの6角レンチを差込んで締め込みます。

締め付けトルクで回転性能が変わることはないので、緩まないように締めます。

f:id:altokoubou:20160920152303j:plain

 

スプロケットを取り付けて完成しました。

これだけの作業でも10分程度なので、気軽に行いたいものです。

 

早速走ってみると。

やはりあの爆音は半減していました。でもまあ100kmくらい走るとすぐに

「オレはBOLAや~」と唸り始めるのでこれでいいです。

スポンサードリンク