工房の製作 ~サッシ窓を取り付け編~

スポンサードリンク


二日酔いからさめて

結婚式から帰ってきて二日酔い。

ようやく昼から身体が動きました。

今日はビッグイベント・窓の取り付けです。こんなこと経験がない。

ほんまに出来るんかいな? と不安半分・楽しみ半分です。

まず窓枠を取り付けるための木枠を組みます。

f:id:altokoubou:20161108161521j:plain

水平・垂直が大原則なので水準器をあてて慎重に。

f:id:altokoubou:20161108161631j:plain

素人仕事の悲しさ

垂直を確認したら屋根を支えている柱が垂直ではなく、大きく歪んでいました。

普通の水準器が見当たらなくて、小さな水準器で計測したことが間違いでした。

もっと早く「コーナン安威店」に普通の水準器を買いに行けばよかった・・・。

こんなに倒れている。上端で約20mmも。

f:id:altokoubou:20161108162000j:plain

この柱は屋根の上から木ネジで固定しているのでもう直せません。

仕方なく窓枠のほうをズラして垂直を確保。

このあたりが素人仕事でいい加減なところですが、まあいいか!

本職の大工さんでは絶対ありえないことですね。

あとで壁の板を張って隠したらわからないでしょう。

とかなんとかして窓枠が取り付きました。

f:id:altokoubou:20161108162348j:plain

窓ガラス本体がかなり重いので、できるだけの補強を施しました。

f:id:altokoubou:20161108162549j:plain

一人作業では不可能!

実際に窓ガラスを持ち上げてみると。

想像を遥かに超えた重量! 20kgの重さがあると聞いてはいましたが、それは2枚ではなく、1枚の話でした。

20kgの複層ガラスを・脚立に・乗って・バランスを・崩しながら・持ち上げて・うう重い!

一人でする作業ではありません。急遽嫁さんに手伝ってもらいました。

なんとか2枚の嵌め込み完了。

f:id:altokoubou:20161108162838j:plain

f:id:altokoubou:20161108165527j:plain

f:id:altokoubou:20161108165555j:plain

途中、危なかった。一度は脚立ごと転倒しかけ、一度は手を滑らせてガラスを落とすところでした。

落として割れたりしたら幾らかかることやら。

初めてで要領がわからないとこんなもんですね。

写真でみると、ガラスの重量感に対して木枠がなんともショボい。

木枠にもっと補強を入れて、絶対大丈夫なように仕上げます。

 

次は外壁となるコンパネを張る工程が待っています。

これまた楽しそう。

壁の重量と風荷重に耐えるしっかりとした木枠を組みます。

壁となるコンパネの各面にはステンドグラスとガラスブロックを取り付ける開口部を作って、アンティークのステンドグラスをきれいにはめ込みます。

ここまで来てようやく工房らしい外観が現れる予定で期待が高まります!

 

 

読者・購読・フォロー