読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今シーズン最後の薪ストーブ

スポンサードリンク


桜も散り始め、随分と暖かくなりました。

薪ストーブの季節もそろそろ終わりになります。

 

いつも薪の調達は保管していただいている「ハウス工房さん」から必要な分だけ持って来ています。

今年はシーズン後半に出張が多くて不在がち。

そのために思ったようにストーブに点火することができず、ちょっと余ってしまいました。

自宅をリフォームしてから「薪棚」というところがなくなってしまい、余った分の置き場所に困ります。

 

移設したウッドデッキの下は保管できるのですが、今年の冬まで長期間置くとなると大雨が降った時などは雨水が流れてきたり、日が当たらないところなので虫が発生したりする可能性が。

本来の保管場所に持って帰るのも時間がかかることで、それなら全部燃やしてしまおう!!と。

大阪の日中は半袖でも丁度いいくらいの気温で、今日は21度まで上昇。

さすがに夜は少し肌寒い。おそらく今夜が最後のチャンスでしょう。

これだけを今夜中に燃やし切ります。

f:id:altokoubou:20170415231428j:plain

いつものように点火したのはいいが、室温はあっという間に26度まで上昇。

やっぱり暑い!

f:id:altokoubou:20170415232640j:plain

ところが猫はこれくらいがいいようで、ウチの「てんきち」がストーブ直前の一番熱い場所でこの通りのチャラけた箱座り。

f:id:altokoubou:20170415223941j:plain

こんな座り方をする猫は他にいるんですかね?

背中を触ってみるとアッチチ!

f:id:altokoubou:20170415224050j:plain

野生のカケラも残っていない。

f:id:altokoubou:20170415231352j:plain

そうこうしているうちに薪は少し減りました。

f:id:altokoubou:20170415224120j:plain

いつもよりよく燃えています。どんどん室温は上昇!

30度手前まで上がった。

f:id:altokoubou:20170415224908j:plain

なんとか今夜中に薪を燃やし切り、明日は煙突掃除をしてシーズン終了とします。

 

トーブの炉内を掃除した後も、灰を少し置いておくとサビの発生を抑えられるのですが、キレイにして来シーズンを迎えたいので、いつものように完全に灰を取り除いて、炉内には黒色の耐熱スプレーを塗って新品のように仕上げます。

冬までは重厚な置物としての役割があるので、きれいにして展示しておきます。

 

今年の11月ごろが早くも楽しみやなあ〜!! 

読者・購読・フォロー