京都府 佐々里峠 ロングライド!

スポンサードリンク


約2年ぶりに佐々里峠コースを走りました。

チームTRAPのメンバーとともに。

connect.garmin.com

全走行距離は200kmにわずかに及ばす、187km。

ここ2年ほどいろんなことで満足に自転車に乗れていなかったので完走できるか心配でしたが、チームメイトのおかげで自分でもびっくりするくらい調子よく走れて大満足の結果でした。

一人で同じ距離を走ったとしてもつい楽な走り方をしてしまいがちで、あまりいいトレーニングにならないことが多い!

その点、チームで走ると十分に追い込んだ走りができます。

今回も各地のレースで多くの勝利を挙げている前田さんが参加してくれたので、いっぱい引っ張ってもらいました。

 

 最高の連休!

ゴールデンウィークたけなわ、大快晴の最高に気持ちのいい一日でした。

亀岡から紅葉峠へ向かう道。 赤い列車が隊列を組んでいます。

f:id:altokoubou:20170506225359j:plain

撮影班は頑張る! 強風の中で両手を離してデジカメで。

f:id:altokoubou:20170506225433j:plain

紅葉峠では先行して皆さんの勇姿を収めました。

お見合い写真にどうぞ。

f:id:altokoubou:20170506225514j:plain

f:id:altokoubou:20170506225418j:plain

目に眩しい新緑。年のうちで一番いい季節です。

f:id:altokoubou:20170506225500j:plain

 

思いがけずお花見

いつも一人で走るときは美山町から佐々里峠を目指すのですが、今日は逆に周山・花背から。

花背からダラダラ登りを越えて、峠の登り口に到着。3kmほどのヒルクライムが始まります。

しんどいけど気持ちええ!

峠を登りきるとさすがに標高が高いようで、桜がまだ咲いている!

満開を過ぎて散り始めと言った様子でした。

 

全員で証拠写真。この時点で90kmオーバー、疲れが溜まってきています。

f:id:altokoubou:20170506225449j:plain

また花見ができるとは! ここまで来てよかった。

f:id:altokoubou:20170506232707j:plain

駐車場はどこも満タン

峠を下りて美山町の道の駅「ふれあい広場」まではなだらかな下りの約25km。

快調に飛ばしてあっという間に到着。

しかし! 途中にある「かやぶきの里」は観光の車とバイクでいっぱい。

駐車場の入場待ちで渋滞が発生していました。

到着した「ふれあい広場」も同じく車・バイク・人でいっぱいでした。

 

こんな日はバイクも気持ちがいいでしょうね!f:id:altokoubou:20170506225522j:plain

美山牛乳の販売所は長蛇の列。

プリンとかチーズケーキなどが販売されています。

美味いやろなあ〜。

f:id:altokoubou:20170506233939j:plain

シュールな顔出しが。

f:id:altokoubou:20170506233951j:plain

乳牛の前半身が白バイのカウルになっていて、顔だけでなく腕も出してハンドルを握るようになっている。

老廃牛を屠殺場へ追い立てて行くような・・・。

 

京都府警の職員さんがバイク事故防止の呼びかけをしていました。

記念品が余ったのか、自分たちにもウェットティッシュをくれました。

f:id:altokoubou:20170506234807j:plain

日吉ダムまで先頭車両

十分に休憩したところで、帰り道。

芹生トンネルを抜けてT字路を右へ、日吉ダムまで約20km。

このコースはチームで走るときにはできるだけ先頭でと決めています。

今日のスタートからここまで120kmほど走って来てやっと調子が出たようなので、いっちょ力試し。

どこまで行けるか(持つか)、勇んで先頭を牽き始めました。

ところが思いがけず2年前に戻ったかのようないいペースで、40km/hほどで巡航。

かなり消耗しましたが、力が尽きる前に日吉ダムに到着してホッと一息。

亀岡までは前田さんと青木さんが先頭で強風の中を頑張ってくれました。

 

初めてのチギられ

最後の登り、亀岡から高槻に抜けるコース。スタートしてしばらくは前田さんについて行きましたが、予想通りあえなくチギられ。

実はこの登りは高校生の頃から今まで誰にも負けたことがなかったのですが、やはり2年間のブランクは大きい。

鍛え直して来ます!

 

やっぱり自転車は楽しい!

2年前までは1000km/月ほど走っていたものが、今では100km/月がやっとこさ。

こんな有様でもなんとか完走できて、チームのメンバーに感謝です。

やっぱり自転車は楽しい!!

木工も楽しい!! 

両方やりきります!!

読者・購読・フォロー