スポンサードリンク

5回目にしておールド香港。12月なのに暑い! 〜 その⑤ やっぱり露店は面白い!最終日編 〜

スポンサードリンク

 

HONGKONGと香港

 

長洲島からの帰りの船の中で考えていました。

こちらでは昔ながらの佇まいが残るオールド香港を見てきました。

これから戻る香港島の中心部にある中環(Sentral)には壮大な高層ビルが並んでいます。

香港の金融の中心地。

そこにあるHSBC銀行は時価総額規模では世界第3位であるとか。

その他にも超近代的なメガバンクの本店ビルが林立しています。

ここはまさしく「HONGKONG」です。

イギリスからの返還後に新しい国際都市として作り上げたもの。

啓徳空港が移転し高層ビルの高さ制限の軛から解放されて、一気にできた摩天楼が新しい「HONGKONG」を見せつけました。

 

窓から突き出した大量の洗濯物が風にそよぐ「香港」 

エリートビジネスマンが行き交う「HONGKONG」

両者の融合が他の国にはないエネルギーを生み出していることは間違いありません。

 

昔ながらの「香港」に郷愁を持つ人々は、変わり続ける香港に少なからず違和感を持つと思います。

自分もそうです。そのために長洲島にオールド香港を感じに行きました。

でもそんな悠長な感覚とはお構いなしに、

 

「転がる香港に苔は生えない」by星野博美

 

「HONGKONG」は「香港」であるためにこれからもどんどん変わり続けるでしょう。

どう変化するかはわからないけど、香港人としてのアイデンティティを失うような変わり方はしないはず。

下町である「北角」や「旺角」はそんな急激な流れとは無関係に庶民のエネルギーが満ち溢れていて、自分たちに必要なだけの時間を刻んでいるように思います。

「元気にやっていけてるので、ほっといてくれ!」とばかりに。

 

 初めてこちらに来たのは僅かに3年前。

たったの3年でも、その頃からも香港は随分と変わったように思います。

・カメラ好きだったはずの香港人が誰もカメラを持たなくなった。

マカオまでつながる海上橋が開通した。

・街がきれいになった。

・現地の人の愛想が良くなった。

などなど。

こういうことなら毎年来て、どうなって行くかしっかりと確認しないとね!

 

再び露店巡り

 

フェリーを下船して中環に向かう歩道橋では様々な大道芸が。

この羽飾りをつけたおじさんはインカの末裔か。

ケーナが物悲しい音色を奏でていました。

f:id:altokoubou:20190106003906j:plain

 

こちらの人は馬の被り物で鍵盤を。

しかし、なかなかの腕前でしたよ。

f:id:altokoubou:20190106004237j:plain

 

出た!慰安婦

遠慮せずに香港全土に隈なく並べたらいいいのに。

語り出すと長くなるので、別の機会に。

f:id:altokoubou:20190106004621j:plain

 

露店はまだまだ多くあるので、できるだけ見て回ることにしました。

こんな路地の向こうには何があるのか?

全然危険は感じないので、ワクワクしますよ。

f:id:altokoubou:20190107225732j:plain

特に何もなかったです・・・。

 

一番楽しい季節かな?

 

階段にも大量の露店が。

f:id:altokoubou:20190107230502j:plain

 

クリスマスの時期なので、一層賑やかに見えます。

サンタさんの衣装がいっぱい。

f:id:altokoubou:20190107230516j:plain

 

手すりにもこの時期らしく、毛糸の服が着せられていました。

f:id:altokoubou:20190107230511j:plain

 

誰がしたのか、暖かそう。

f:id:altokoubou:20190107231325j:plain


極彩色がなんとも楽しげ!

こういうところを歩くことが最高に面白い!

f:id:altokoubou:20190107231014j:plain

 

恋する惑星を思い出してエスカレーター

 

世界最長のエスカレーターも乗りました。

というのも、フェイ・ウォンの「夢中人」をここで聴きたいために。

iPadのスピーカーから流して、映画を思い出しながら乗りました。

f:id:altokoubou:20190107231616j:plain

映画「恋する惑星」の挿入歌です。

グランベリーズのカバー曲。


恋する惑星 Faye Wong フェイ・ウォン 夢中人

 

トニー・レオン主演で返還前の香港を舞台にした映画で、往時の様子を垣間見ることができます。

何回観たことか。

 

この辺りSOHOの街は急坂が続きます。

ロードバイクに乗っている時なら大歓迎やけどね!

大阪・暗峠の37%の登りが懐かしい。

f:id:altokoubou:20190107233915j:plain

 

日々の生活には不便そう。

f:id:altokoubou:20190107234328j:plain

 

お寺があったので入ってみることに。

f:id:altokoubou:20190107233928j:plain

写真を撮ってもいいのかなぁ〜。

と思っているとこんな案内が。

f:id:altokoubou:20190107233944j:plain

なんと「歓迎撮影」 PHOTO IS WELLCOME。いいねぇ〜。

心置きなく撮ることが出来ました。

 

はいこんにちは。

f:id:altokoubou:20190107233911j:plain

 

歴代の法主が並んでいます。

f:id:altokoubou:20190107233941j:plain

 

建物は古いけど、いろんなものがこんなに艶やかな色遣いで、古さからくる陰鬱な感じは全くありません。

f:id:altokoubou:20190107234943j:plain西方にあるという極楽浄土とはこんなところなのかな?

 

時々見かけるスーパーカー

こんな狭い香港のどこを走るのか。

時速300kmオーバーが勿体無い。

f:id:altokoubou:20190107233936j:plain

 

日が暮れてきた。

しかし! これで18時30分くらい。12月17日です。

日本なら既に真っ暗なのに。

やっぱり南の国はええなぁ〜。

f:id:altokoubou:20190107235548j:plain

 

ここは骨董街。

どの店もあまり売れるとは思えない古物が並んでいます。

この商売で生活ができるとしたらすごいな!

f:id:altokoubou:20190108000915j:plain



ここでは古い写真を買いました。

今はなき啓徳空港に進入する航空機の写真。

アパートの洗濯物を引っ掛け、無数にある看板をなぎ倒しながら着陸する旅客機。

f:id:altokoubou:20190108000751j:plain

 

世界一難しいと言われた香港カーブ。

キャセイ航空のパイロットには秘伝の着陸方法があったそうです。

一度行ってみたかった。

f:id:altokoubou:20190108000744j:plain

 

有名店は予約が必要。でも出来ない。

 

今日も中身の濃い一日でした。

晩ご飯は有名な飲茶の店に行こうと地図を頼りに行ってみると。

敢え無く満席。

ウエイトレスのおばさんは「ソーリー、ソーリー、フルシート」とかなんとか言いながらも自分で扉をあけて断固として、「出て行け!」と言わんばかりでした。

まあ予約もしなかった方が悪いですけどね。

広東語で予約なんかできるものではない。

 

仕方がないので、近くにあったテイクアウトの飲茶。

しかし!これがまた旨い! 

二つだけあるテーブルで食べました。

f:id:altokoubou:20190107235559j:plain

 

びっくりするくらい美味しかったですよ。

有名店よりも美味しかったかも知れませんね。

f:id:altokoubou:20190107235605j:plain

 

マスターも愛想良くて、気分が良かったです。

f:id:altokoubou:20190107235602j:plain

 

ここでわかったのですが、持ち帰りは「テイクアウト」と言うよりも、「テイクアウェイ」というみたいですね。

f:id:altokoubou:20190107235609j:plain

そんな店なので、すごく安くて美味しくて大満足でした。

帰りにまたコンビニでビールを買って部屋で乾杯。

 

庶民の街・北角はいつも大賑わい

 

もう最終日。

時間はないけど、やっぱり最高のカオスである「北角」の街には行かないと!

朝の9時から豚肉を買う行列。

f:id:altokoubou:20190108004430j:plain

よっぽど好きなんですねー。

 

その豚がVサインを。

f:id:altokoubou:20190108004434j:plain

 

人混みを掻き分けて走るトラムもクリスマスでした。

f:id:altokoubou:20190108004441j:plain

 

もう一度この風景を見ないと帰れない!

f:id:altokoubou:20190108004426j:plain

 

いつも座るベンチで記念撮影。

どこかのおっちゃんと。

f:id:altokoubou:20190108004444j:plain

 

街には新聞の代わりに、山積みされたフリーペーパーをせっせと配っています。

f:id:altokoubou:20190108005220j:plain

 

取りあえず一部もらいました。

内容はよくわからんけど。

f:id:altokoubou:20190108005458j:plain

 

空港まではバスで向かう時間がなくなってしまったので、高速鉄道に乗ってあっと言う間に到着。

空港での搭乗手続きで荷物の重さを測ったけど、またリュックサック一つを計量台に乗せるだけ。

もう一つの小さめのバッグは手に持ったままで、重さを測ることはありませんでした。

f:id:altokoubou:20190108005224j:plain

 

帰りの飛行機では落語も聞かず、ずっと熟睡。

f:id:altokoubou:20190108005227j:plain

 

無事に関西空港に到着。

飛行機から降りるときにすっちーさんに「おおきに」と言うと必ず満面の笑みで「おおきに〜」と返してくれます。

 

楽しい、初めてののんびりとした旅は終わりました。

帰ったと思ったら、もう次の計画を立てています。

次はシンガポールに行くかも?

全日空の社員家族割引で、お得に行くことができそうなので。

いつもいつも香港に行くよりもたまには違うところに行くように!と娘から注意されました。

 

今回も長い五部作にお付き合いいただき、誠にありがとうございました。

書いているうちに、2泊3日の旅の内容を次々と思い出しキリがなくなってしまします。

ホントに終わらないので、

ではこの辺でおきなわ。お客さん、今日は地名でっせ〜。by Wヤング

 

 

 

スポンサードリンク