3D CADに闘いを挑む❗️

スポンサードリンク


        初心者が3D CADに挑戦⁉️

必要は発明の母とはよく言ったもので、今はまさにその通りです。

というのも、今回我が家のリフォームが終わっていよいよセルフビルドで工房を建築するようになるので、そのイメージを固めるためにCADで図面を書きたい。と思い付きました。

CAD(キャド)computer-aided design コンピュータ支援設計

 

全くの初心者です。

CADソフトなんて触ったことはもちろん、食べたこともありません。

それなのにいきなり3Dで書きたい‼️ と無謀な決意を。

 

今までいつかはCADでの図面作成はマスターしたいなとは思っていましたが、特に必要がなく「いつか」がいつまでも来なかったのが、今日がその「いつか」であったのでした。

 

 『スケッチアップ』をインストール

本物のCADソフトは有料版で購入するとなると何十万円もかかります。

そこまで真剣に図面を描く訳ではないのでフリーソフトで十分。

会社の後輩にどんなソフトがいいか聞きました。後輩は当然Macユーザーです。

Macでも使えるCADソフトなら「スケッチアップ」がいいですよとのこと。

よっしゃ!と早速ダウンロード&インストール。

実に簡単にインストールすることができました。

                                      

傍にiPadを置いて使い方のサイトを開き、初期起動の画面から見ていきます。

このサイトは特に懇切丁寧に記述されていてとても分かり易く、初心者にはこの上なくありがたいことです。

f:id:altokoubou:20161011205121j:plain

 ところが如何に懇切丁寧に記述していただいていても、そこは初心者。

予想通りの悪戦苦闘を続けて、これまた予想通りのガタガタの3D画像をやっとこさ仕上げました。

f:id:altokoubou:20161011205706j:plain

なんや、この図面は。 ああ恥ずかしい!

でも初めてでここまで書けたので自分としては大満足しとります。

だいたいこの絵のようなイメージで作ろうと考えています。

 

3D CADは面白い。

色んなコマンドが用意されていて、カーソルで選択するだけであらゆる図形を描くことができます。

「マテリアル」というコマンドで生垣の石積みや木材なんかを選ぶと簡単に、質感たっぷりに表示してくれました。

遠近感に合わせて四角形の大きさが自動で変化するなんてこれまたびっくり。

面白くてすっかり嵌りそうです。

 これからもっともっと精進してカッコのいい3D図面を仕上げようと思いましたよ。

この絵はど素人の第一歩のCADデータとして記念に置いときます。

 

プロのキャドオペの方々、お目を汚しました。すいません。

 

 

読者・購読・フォロー