スポンサードリンク

前立腺ガンになりました! - その弐

 

初めてのCT検査。

前立腺がんの疑いが濃いということでCT検査を受けることに。

CT検査:

Computed Tomography:コンピュータ断層診断装置

f:id:altokoubou:20210410220547p:plain

59歳になって初めてあの大掛かりな機械の中に入ることとなりました。

しっかりと固定されて20分間ほど。

検査技師が言うことには「狭いところ息苦しくなったりしたならすぐにブザーで知らせてください」

入ってすぐに寝た。

8月の暑い頃だったので涼しい病院はとても快適であったもので。

後日、結果を聞きにいくと。

前立腺以外に骨に転移している箇所があるみたい。

画像診断だけでは確証が持てないので、次は生検をすることになりました。

 

生検は痛い!

『生検』は,『生体検査』を略した言葉で,生きたからだを検査するという意味。

言葉だけで痛そう!

もちろん初めてなので、netでいろいろ調べました。

どうもお井戸から器具を突っ込んで前立腺の一部を切り取るみたい。

どのサイトを見ても「痛みは微量なので、麻酔はしない。」

などとあります。

絶対にそんなことはない!痛くないわけはない!と思いました。

果たして当日。

ベッドに横になって何やらぶっとい物を突っ込まれて更に進み「カチッ」と音がしてちょっと引っ込む。

それを8回ほど繰り返した。

イッタァ〜。

      f:id:altokoubou:20210410231318p:plain

これのどこが「微量の痛み」やねん!

カチッと音がした時に前立腺の一部を切り取ったようでした。

ああ痛かった!

でもまあ10分間もかかっていないので、耐えられないほどではありませんでした。

これで白黒はっきりするなら我慢しようか!

結果は

左半分は異常なし 右半分にはやはり癌細胞が認められました。

なかなかしぶといな!

転移があるなら切除手術はできない。

茨木済生会の担当の先生は前立腺を切除して完治を目指す気満々であったので、ガッカリしておられました。

 

更に検査は続き、骨シンチ検査に移る。

 

骨シンチ検査

大阪府高槻市に日赤病院で骨シンチ検査

また聴き慣れない言葉が出てきた。

なに?骨シンチって?

放射線を出すラジオアイソトープ(RI)でしるしをつけた、の組織に集まる性質のあるくすり(放射性医薬品)を注射し、それから出る放射線を特別なカメラでとらえて全身ののようすを観察します。 くすりは代謝や反応が盛んな部分に多く集まるので、の状態が変化している部分があることがわかります。

朝から病院に行って検査の前に薬を飲み、そのまま帰宅。

絶対に怪我などしないように、おとなしくしていました。

3時ごろに再度病院に行ってCT検査と同じような機械の中に入る。

骨に転移があればそこが光るらしい。

      f:id:altokoubou:20210410231552p:plain

結果は茨木済生会病院で聞くことに。

前立腺ガンになりました! - その壱

 

今流行の前立腺がん

前立腺がんになってしまいました。

男性で50歳を超えると急激に罹患率が上がるという「前立腺がん」

1年間に約9万人が罹患しています。

その50歳オーバーの男性に大流行という病にかかってしまう!

流行に乗ったというかなんというか。

現在治療中ではありますが、これから治療を始める方に少しでも参考になればと今までの経過を記します。

いろんな幸運が重なってまさに「最高の治療」を受けることに。

闘病記というほどでもない、暗い記事にならないように元気に書いていきますので、興味のある方はどうぞお付き合いください。

 

健康診断で明らかに

病気が分かったのは会社を退職して自営業になってからの健康診断でした。

令和2年8月のこと。

その日は嫁さんが健康診断に行くので、なぜか私もついでに受けようか!と思い立ち一緒に近くにある「谷口内科循環器科」に行き、通常の健康診断を受けました。

特に異常はなかったのですが、ただ一つ「PSA」の数値が高い。

血液検査の中の項目である「PSA検査」

会社員時代の健康診断ではその項目は検査していませんでした。

結果は数値で表され、は3,5ng/ml以下が正常値であるものが、私の検査結果は33ng/mlとかなり高い。

PSAとは前立腺に特異的なたんぱく質の一種で、前立腺がんになるとPSA値が高くなります。

PSAは正常の場合でも血液中にわずかに存在しますが、前立腺がんになると血液中に大量に流れ出ます。

PSA検査はこの性質を利用した精度が高い優れた検査法です。

 

50歳を超えると通常は検査するのに、私の場合はなぜか一度もされていませんでした。 

いきなり数値が33にもなることはないので、かなり以前から徐々に上がっていったものと思われます。

しかし数値が上がってから発見されたことが手遅れであったとも言えないのです。その理由は後ほど。

 

茨木済生会病院へ・怒られる。

谷口先生からより詳しい検査ができるいくつかの医療機関を紹介されました。

家の近くにありそれなりに大きな病院、ということで茨木済生会病院を選び、その日のうちに受診。

泌尿器科で担当して頂いた若い先生は数値を見るなり怒ったような口調で

「今まで検査したことはなかったのですか!」と

なぜそんなに怒られるか(決して怒ってはいませんでしたが)分からず、「検査したかどうか分かりません、多分していないと思います。」と答えました。

それまで健康診断の結果はじっくり見たこともなかったので、検査をしたことがある!という自信はありませんでした。

先生にしてみると、この年(59歳)で検査をしたことがないなんて考えられなかったのでしょう。

その時に初めてこの病気について詳しく説明して頂きました。

「これはまずいことになったな」が最初の印象。

ところが先生から意外な言葉が。

「自転車をよく乗ると前立腺が圧迫されて数値が上がることがある」

これやな!といいように解釈しました。

以前の私は多い時は1ヶ月に3000kmほども自転車に乗っていました。

ひたすらレースで勝つために。

そんなプロ並みに乗っていたのはかなり前のことなんで、その影響が今だに残ることはまずないな、とは内心は思ったけど。

改めて検査をするということでその日は終わり。

きっと自転車の乗り過ぎや!もう大丈夫と、自分で納得して帰りました。

 

無症状なので緊迫感ゼロ

今でも何も自覚するような症状はありません。

最初は自覚症状がないことが一般的なようです。

ガンでもなんでも大抵、最初は無症状でしょうね。

そのために、全然緊迫感がないのでした。

頭が真っ白になってどうやって家に帰ったか分からない・・・。などと殊勝なことは全くなく、早く帰って木工製作の続きをしないと!とバイクで帰りました。

 

その弐へ続く!

 

ハイエースのカスタマイズ-その2

 

木工作家の出番!

外装が仕上がったところで車内を全面板張りとして仕上げます。

これはもうこっちの仕事。木を切って貼ってウッディな空間を作り上げるよ!

最初は音響熟成木材を使って杉の香り溢れる内装にしたかったけど、予算が・・・。

ホームセンターコーナンで1820mm×900mmの合板を幅100mmの短冊に切ってもらいます。

f:id:altokoubou:20210403213618j:plain

合板を5枚分

1枚の合板から9枚取れるので45枚の短冊ができた。

これを天井と両側の壁面に貼って行く。

1枚ずつ丁寧に角を落としてチーク色を塗ると、安価な材料とは思えないきれいな仕上がりに。

ルーターテーブルで角のR取り。

f:id:altokoubou:20210403213609j:plain

車内の照明として小さなLEDランプを並べる。

f:id:altokoubou:20210403213751j:plain

短冊板に穴を開けてランプを取り付け。

f:id:altokoubou:20210403213726j:plain

これを天井の両端に取り付ける。

f:id:altokoubou:20210403213719j:plain

 

断熱材・防音材をしっかりと充填して。

内装をバラしてみるとさすがに商用車。

鉄板を内張で閉じただけで走ると車内は騒音でいっぱい。

雨の音も頭上から響き渡る。エアコンも効かへんやろな〜。

ということで断熱材と防音材で埋め尽くす。

天井は特に念入りに。

f:id:altokoubou:20210403213730j:plain

f:id:altokoubou:20210403213622j:plain

f:id:altokoubou:20210403213652j:plain

 

板張りを開始

板張りのやり方をネットで調べて、最初に桟を取り付けるのがいいかなと。

その桟に短冊板を張っていく。

f:id:altokoubou:20210403213737j:plain

f:id:altokoubou:20210403213715j:plain

とりあえず天井の部分は終わり、LEDランプも無事に点灯した。

f:id:altokoubou:20210403213825j:plain

f:id:altokoubou:20210403213815j:plain

まあいい感じかな。

外装からはちょっと想像できない落ち着いた仕上がりに。

f:id:altokoubou:20210403213801j:plain

まだまだカスタマイズは始まったばかり。

おそらく終わりはないでしょう。

ハイエースのカスタマイズ その1

ハイエースをレストア

娘婿の将くんが14年落ちの中古のハイエースを購入。

走行距離は28万kmオーバーではあるものの、メンテナンスはしっかりされて記録も残っているといういわゆる「プレミアもの」でした。

早速に全塗装。バラせるところはできるだけバラして。

ドアはもちろん、ボンネットもバンパーも。

f:id:altokoubou:20210403213604j:plainスライドドアの取り外しは重くて大変!

f:id:altokoubou:20210403213601j:plain内装も鉄板が剥き出し。

f:id:altokoubou:20210403213237j:plain

塗料を混ぜて独特なグレーを作り出した。

完成したものがこちら。

f:id:altokoubou:20210404105846j:plain
きれいに仕上がっています。

カンガルーバーを取り付け。

f:id:altokoubou:20210404110644j:plain

f:id:altokoubou:20210404110341j:plain

オーバーフェンダーを貼り付ける。

両面テープで貼り付けられており、ボルトは飾りです。

f:id:altokoubou:20210403214111j:plain

昔のオーバーフェンダーが標準装備であったクルマといえば。

スカイラインGT-R ハコスカとケンメリ

ギャランFTO-GSRなどなど。

現代のクルマにもオプション装備としてありますが、昔のような荒削りさはないですね。

これは飾りとはいえ、取り付けボルトがあってなかなかいい感じ。

フェンダーが出っ張りすぎてスライドドアが干渉して途中までしか開かない、ということはありません。

ボンネットを変えてこんなに怖い顔に・・・。

f:id:altokoubou:20210404110037j:plain

灯火類はずべてLEDに変えてすっかり現代風に生まれ変わりました。

次は内装を全面板張りにする予定!

祝!プラスベッドの受注250台突破!

 

必要は発明のおかん。

会社員時代に後輩から製作の依頼を受けたプラスベッド。

1号機を作ったのは今から3年半ほど以前、平成30年8月のことでした。

f:id:altokoubou:20200117214630j:plain

 そのお宅では子供が生まれて、今までのダブルベッドでは家族3人で寝るには狭い。

仕方なくお父さんだけ床に布団を敷いて寝ていました。

しかも2人目の子供が間もなく生まれる!

「継ぎ足しをできる細いベッドは作れませんか? 需要はあると思うんですけどね〜。」

今にして思えばあれは神の声であったか。

それから 日本全国に向けて250台も売れるようになるとは。

まさに必要は発明の命の母。日本中に需要はあったのでした。

 

最初はなにしろ初めて作るものなので要領が分からず、ニトリ無印良品にいろんなベッドを見に行きました。

組み立てに必要な金具もネットで調べると、いろんな種類がある!

あれやこれや模索をしながら作った初号機が上の写真。

現行の250台目と基本的には変わっていないので、初めから完成度は高かったかな。

 

 使い方に感心

 初号機が完成して配達・設置に行きました。

今あるベッドを少し横にずらして。

f:id:altokoubou:20200117220618j:plain

 その隙間にプラスベッドを設置。 

f:id:altokoubou:20200117220626j:plain

 対応する市販のマットレスを載せる

幅狭のマットレスは市販されているのに、それを載せるベッドが売っていない?

不思議なことです。

でもそのおかげでニッチな市場を開拓することができた!

f:id:altokoubou:20200117220629j:plain

 幅狭のマットレスを敷き詰めて一気にベッドが広くなりました! 

f:id:altokoubou:20200117220637j:plain

 カバーをかけると

f:id:altokoubou:20200117220641j:plain

 広大なクイーンサイズのベッドに。

なるほど!こういうことやったんか!と素晴らしいアイデアに感心しましたよ。

 

名前で変わる

 初めはなかなか注文が来ない。

そりゃそやわな。全く世に知られていないものが売れるはずはない。

プラスベッドの名前について、最初は「延長ベッド」「継ぎ足しベッド」などと呼んでいました。

ある開業セミナーで講師の先生から「名前がダサい!」とのご指摘。

なるほどそうか、確かにな。

何かいいネーミングはないかと考えているとウチの嫁さんが

「プラスベッドはどう?」と。これはいい!と即決。

 価格を変えたりネットショップの商品説明文を変えたりしても効果がなかったものが、名前を変えてから段々と調子が上がってきました。

ネーミングは大事ですね!

 これがなければどうなっていたことか

このアイデアを貰った時期は25年間勤めた会社を退職して脱サラをする直前。

木工作家としてネットショップを立ち上げるといっても、特に目立った商品もなし。

勢いで脱サラしたようなもので、当然最初は受注はほとんどない日々が続いてどうしようかと。

知り合いから棚の製作を依頼されるなどして、細々と続けていました。

そのうちプラスベッドの注文が少しずつ入りだし、8%から10%に上がった消費税増税がある意味、チャンスでした。

ウチは課税業者ではないけれど、やっぱりイメージからか直前の9月には22台ものご注文をいただくことに。

今では順調に1ヶ月に10台くらいのペースとなっています。

もしもこの商品がなかったら脱サラはとっくに破綻していたはず。

徳永くん!ありがとう!

 

 いろんな種類を作っています

3年半の間にいろんなご注文をいただき、あらゆる種類のプラスベッドを作りました。 

これが注文製作のいいところ!

どんな形でも作りますよ!

3台目のご注文は高さ1mのロフトベッド。

f:id:altokoubou:20200117223947j:plain

 いきなりの難題でした。

どうやったら強度を保てるか、材料はどんなものがいいか。

どこに補強を入れればいいか・・・。

色々と調べて試行錯誤の末、なんとか作り上げて納品しました。

お届けした先では下を物置として、中学生の娘さんが便利に使用されています。

 

ヌックを製作

 「ヌック」というもののご注文を頂いたことがあります。

ヌックとはこじんまりとした隠れ家のような居心地のよいスペース。

主に2つの意味があります。

1つ目は、「居心地が良いこじんまりとした場所」のこと。

2つ目は、「建物の一部に特別に作られる小規模な部屋」

なんかいい感じ!

ご注文を頂いたのは幅160cmもあるこんな幅広のベッドでした。

通常は1本のスノコ受けが2本必要に。

f:id:altokoubou:20210403224403j:plain

スノコを載せると

f:id:altokoubou:20210403224408j:plain

f:id:altokoubou:20210403224412j:plain

部屋中をベッドにして子供部屋が秘密基地になってるとのことです。

 

幅20cmの極狭もあり!

そうかと思えば幅が20cmという極狭。

単体では倒れそう。

f:id:altokoubou:20210403225653j:plain

既存のベッドからわずかにはみ出すマットレスをしっかりと保持しています。

f:id:altokoubou:20210403225630j:plain

f:id:altokoubou:20210403225618j:plain

 兵庫県西宮市の高級住宅地に貰われて行きました。

やはり高級住宅地には簡易的なものは似合わない。

幅20cmながら健気に役目を果たしています。

これで安心して眠れそう。

 

こうしてブログを書いている間にも2台のご注文を頂きました。

2台とも神奈川県から。

今までのご注文の8割までが関東地方です。

首都圏の住宅事情とプラスベッドは親和性が高いみたい。

とはいえ北海道から鹿児島県までご注文を頂きます。

さあ頑張って作ろ〜!

台湾旅行 〜 そうだ! 台湾行こう!〜

 

台湾への旅行禁止!

 

f:id:altokoubou:20190804144854j:plain

 

= サンケイ新聞から =

【 中国文化観光省は何の前触れもなく、8月1日から台湾への個人旅行を当面の間中止すると発表した。】

台湾の観光業界にとっては大打撃である。

来年1月の台湾総統選の行方を注視している、北京の狙いは明らか。

「一つの中国」の原則を認めない民主進歩党蔡英文総統が再選すれば、旅行制限を続けるぞ、との脅しである。

心ある台湾の有権者の反発を考えればかえってマイナスの効果しかないのではないか。

 

 167万人がゼロに?

 

もともと中国本土から台湾に旅行するには許可が必要で、個人旅行は北京、上海、アモイなど47都市の住民にしか認められていなかった。

団体旅行は今まで通り許可されるが、個人旅行は禁止となる。

今年上半期の中国本土から台湾への旅行者は前年同期比28%増の167万人だった。

その167万人が団体旅行以外がゼロになる!

これは台湾の一大事!

 

台湾への恩返し

 

台湾は東日本大震災の時、250億円もの義援金を送ってくれた大恩人である。

自分たちが協力できることは167万人の中国人の観光客が減る分の埋め合わせだろう。

タピオカ入りのミルクティーが大ブームでもあるので 。

しかし、全体主義とはすごいな!

政府が行くな、と言ったら人民は素直に従うのか。

 

といういことで台湾を支援するためにも、今年4月に現地に嫁さんと旅行に行った時のことを書きます。

これを読んで一人でも「台湾に行ってみよかな〜」と思ってくれたらいいな!

 

ピーチで格安!

 

香港へは何度も行ったので、今回は台湾に行こうと。

もちろんピーチでの渡航

運賃は台北まで一人片道6,890円。

香港の3,000円台というほどの驚きの低価格ではないけど、まあ十分安い。

 

関西空港第1ターミナルを横目で見ながら第2ターミナル行きのバス乗り場へ。

第1ターミナルは通常料金での旅行なので、スタバや各種の設備が充実している。

第2ターミナルの出国手続き倉庫に押し込まれるのとは大違い。

でも安く行けることに越したことはないので、いいか!

いつかBIGになって第1ターミナルから出発してやる!と器の小さい決意を固めたのでありました。

 これは憧れの第1ターミナル・スターバックス

f:id:altokoubou:20190804144915j:plain

 

約3時間のフライト

 

フライトの時間は約3時間。これは出発ターミナルが第1も第2も一緒!

現地についてみるとやはり同じ中華圏、台北空港内は香港と全く同じでした。 

同じ繁体字で香港で何度も見たお馴染みの文字が並んでいる。

f:id:altokoubou:20190804143748j:plain

 

新しくてキレイな空港でした。

f:id:altokoubou:20190804143754j:plain

 

新しくできた地下鉄で街の中心部へ。

f:id:altokoubou:20190804143805j:plain

 

f:id:altokoubou:20190804143808j:plain

 臺北へ行きます。

 

f:id:altokoubou:20190804143827j:plain

冷房がよく効いていて実に快適。

 

台北駅構内にあるインスタスポット「台北車站」の看板。

大勢が写真を撮っていました。

f:id:altokoubou:20190804143607j:plain

 

駅にある鈴鹿サーキットの広告。

f:id:altokoubou:20190804143620j:plain

f:id:altokoubou:20190804143614j:plain

 

近鉄電車で「吉野の桜」の広告も。

f:id:altokoubou:20190804143626j:plain

やっぱり日本への旅行は人気なのかな。

 

小籠包の人気店「盛園豆漿店へ 

 

ガイドブックに必ず載っている有名な小籠包の店「盛園豆漿店」へ行くことが今回のメインイベントでした。

MTRの中山紀年堂駅で降りて少し歩くとすぐに見つかる、昔ながらの小さい店舗。

 

中山紀念堂

f:id:altokoubou:20190804143846j:plain

 

ゆっくりと見たかったけど、早く美味しいしゅうまいを食べたいし。

f:id:altokoubou:20190804143852j:plain

 

また次回に蒋介石の足跡を辿ることとしよう。として通り過ぎました。

f:id:altokoubou:20190804143859j:plain

 

すぐに到着。昼の時間を過ぎていたので、満席ではなくすぐに入れました。

f:id:altokoubou:20190804143928j:plain

 

普段目にする小籠包は小さいものばかりなので、ここでもそう思い込んでいた。

メニューを見てもよくわからんけど、お腹も空いていたので適当に美味しそうなモノをいくつも頼んだところ・・・。

丸々と大きいしゅうまいの入ったセイロが出てくるわ出てくるわ。

普通サイズの倍くらいはあったかな。直径は約60mm!

f:id:altokoubou:20190804143920j:plain

 

テーブルの上がいっぱいになってしまった。

ここでも「倭人はこんなにも大食いなのか・・・」と思われた事でしょう。

f:id:altokoubou:20190804143924j:plain

 

しかし、どれもすごくおいしい!

あまりに美味しくて食べるのに忙しく、写真をほとんど撮れませんでした。

残念。一品ずつしっかり撮りたかった。

 

こんな風に注文し過ぎてしまうことはよくあるみたいで、持ち帰りをお願いすると食べきれないものは快く包んでくれました。

こんなおいしいものを腹いっぱいに食べて、余は満足ぢゃ。

ホテルに帰ってから冷めたまま食べても十分に美味しかった。

 

モトGP 日本グランプリ

 

話には聞いていたけど、バイクが多い「バイク大国!」

みんなスクーターで125ccくらいかな。

f:id:altokoubou:20190804144002j:plain

スタート風景。シード選手は前列に並んでいる。

ということではなく、バイクは2段階左折で左折するバイクは本線の停止線よりも前方に止まるみたい。

 

信号が変わると爆音を轟かせて一斉にスタート!

f:id:altokoubou:20190804144011j:plain

富士スピードウェイでモトGP日本グランプリ決戦の火蓋が切られた!

と信号の度にレースが始まる。

 

香港ではバイクはほとんど見なかったけど、やっぱり所変われば場所変わる。

一度参戦したいものです。

 

涼しい夜市

 

4月といえども昼間は暑い。

涼むならやはり夜市でしょう。 

 

関西風お好み焼

大阪焼き 70台湾ドル=230円くらい。美味しそう。

f:id:altokoubou:20190804144452j:plain

 

スマートボールが人気でした。

f:id:altokoubou:20190804144709j:plain

 

なにやらレシートが延々と吐き出されている。 

f:id:altokoubou:20190804144705j:plain

 

お団子?

どれも美味しそう。

残念ながらこの前に居酒屋でたっぷりと食べてきたので、食欲がわかず。

f:id:altokoubou:20190804144727j:plain

 

サイコロステーキ。

次回はこのあたりでしっかりと食べることにしよう!

f:id:altokoubou:20190807150840j:plain

食べなくても見ているだけでとても楽しかった。

1日目は終了。

 

千と千尋九份

 

台北の観光では決して外すことの出来ない九份」 

千と千尋の神隠しのモデルとなったことで有名。

これも今回のメインイベント。

直行バスで行こうとMTRの「忠考復興駅」に向かう。

九份行きのバスは1062番。料金は90S = 300円。

バスを待ってるとタクシーの運転手がしきりに客引きを。.

九份まで4人で400Sで行くよ!」とのこと。

あと2人見つけると一人あたり100Sになる。

なんか胡散臭かったけど、傍にあった飲茶の店のおっちゃんに聞いてみると、毎日ここでお客さんを見つけ九份まで行っているので、大丈夫!

しかしこのおっちゃんの日本語の上手なこと!

ネイティブ日本人と発音・言い回しとも全く変わらなく、顔も日本人と同じ。

 

それならと4人が揃った時点で、乗り込みました。

これが大正解!! ちなみに車は新型のウィッシュ。

所要時間はバスよりも早く1時間以内で、冷房もよく聞いて実に快適。

この運転手さんも日本語はすごい!

陽気な運転手さん。名前はワンさん(知らんけど)

f:id:altokoubou:20190807155740j:plain

 

バスで行くと市内をぐるぐる回り、渋滞にはまると2時間はゆうに超えるみたい。

無事に到着。料金は約束通り一人100Sでした。

ボラれる事もなく、普通に払って終わり。これはオススメですよ!

f:id:altokoubou:20190804144512j:plain

 

タクシーを降りて少し歩くと九份の商店街へ。

セブンイレブンの角を曲がり、細い路地を入ると「基山街」

f:id:altokoubou:20190804144519j:plain

 

細い路地の両側にびっしりとお土産屋さんが並んでいる。

これは見ているだけで楽しい!

f:id:altokoubou:20190804144824j:plain

f:id:altokoubou:20190804144839j:plain

 

可愛い人形さんがいっぱい。

f:id:altokoubou:20190804144855j:plain

 

やっぱり中華系は金ピカが多いな!

元気が出そう。

f:id:altokoubou:20190804144911j:plain

 

ぶらぶら歩いて路地を抜けるとまた細い階段があり、降りていくと。

f:id:altokoubou:20190804145116j:plain

 

写真でよく見る赤い提灯と楼閣。

f:id:altokoubou:20190804145038j:plain

 

f:id:altokoubou:20190804145033j:plain

 

この楼閣は営業中のお茶屋さん「阿妹茶酒館」

 

f:id:altokoubou:20190804145015j:plain

 

夜になると提灯に火が灯り、とても幻想的な風景になります。

帰る時間を考えるとなかなか夕方からは来にくいけど、これは見てみたい。

これらの建物は千と千尋と同じ「銭湯」と思っていました。

実は「湯屋」ではなくて、お茶さんであったとは。

f:id:altokoubou:20190811094938j:plain

 

山肌にへばりつくように、いろんな建物が並んでいる。

f:id:altokoubou:20190804145100j:plain

 

 

f:id:altokoubou:20190804145105j:plain

こんなのも。

f:id:altokoubou:20190804145131j:plain

 

 帰りは来た道を階段をまた登ることはなく、そのまま下って行きMTRの駅に行くバス乗り場に行きました。

「瑞芳駅」

台北までバスが15台湾ドル・普通電車が49台湾ドル、計64台湾ドル(約240円)で格安。

よく冷房の効いた車内でうつらうつらしているうちに台北に到着。

ネットを駆使していろんなルートを探すのもまた楽しいな!

f:id:altokoubou:20190804145157j:plain

 

故宮博物院はがっかり。

 

あまり審美眼は持ち合わせていないけど、有名な「故宮博物院」に行ってみることに。

f:id:altokoubou:20190811101617j:plain

 

「白菜」と「角煮」をみたかったのに、しかし!両方とも現在貸出中。

代わりに写真が展示されていました。

仕方ないね。

f:id:altokoubou:20190811101609j:plain

 

レンタサイクルに挑戦!

 

MTRの駅前によくある黄色いレンタサイクル。

f:id:altokoubou:20190811103249j:plain

 

台湾は香港と違い、行きたい場所が離れているのでこれなら便利かな?と思い借りてみることに。

貸出機に表示がある繁体字と英語の解読に四苦八苦していると、現地の人が自然に助けてくれました。

おかげで無事に貸し出し完了。

 

「星展銀行」DBSに勤務するエリート銀行マンの「王さん」

f:id:altokoubou:20190811105521j:plain

仕事がずっと忙しかったので、久しぶりに休暇をもらったそう。

名刺とLINEを交換して友達になりましたよ。

現地人の友達を作りたいと思っていたので、よかった!

次回の台湾旅行でまた会いましょう!

 

かき氷「氷讃」

 

ガイドブックによく載っているかき氷の「氷讃」

ここも外せない。

f:id:altokoubou:20190811103544j:plain

 

中でも小豆の大盛りと朝採りのマンゴーを乗せた2品。

f:id:altokoubou:20190811101629j:plain

これがまた絶品!

両方とも見た目ほど甘くなく、氷は細やか。

1日に何回も来る人も多い理由がよくわかる!

f:id:altokoubou:20190811101638j:plain

 

自転車ならではの寄り道

 

自転車なので、フットワークは軽い。

ちょっとした裏道を見つけては入ってみました。

現地の市場。

f:id:altokoubou:20190811104331j:plain

 

昔懐かしの商店が並んでいる。

f:id:altokoubou:20190811104339j:plain

 

ええなぁ〜。大阪県にも昔はいたるところになりましたな。

f:id:altokoubou:20190811104334j:plain

 

しかし暑かった!

自転車での周遊は4月だからできたこと。真夏には決してできないでしょう。  

f:id:altokoubou:20190811104342j:plain

 

火鍋で締め

 

色々と美味しいものを食べた今回の台湾旅行。

最後はやはり「火鍋」

日本人の知り合いと合流して「無老鍋・ふろうようじょうなべ」へ。

f:id:altokoubou:20190811104516j:plain

 

また美味しいものを食べてしまった!(しかも腹一杯!)

f:id:altokoubou:20190811105211j:plain

f:id:altokoubou:20190811105207j:plain

 

あっという間にカラに・・・。

f:id:altokoubou:20190811101624j:plain

 

最後に飛びきり美味しいもの食べました。

 

香港はまだ無理かな

 

香港の情勢はまだまだよくなることはなく、デモが頻発している。

特に危ない場所は「金鐘」「湾仔」「中環」「銅鑼湾」などなど。

これらはどこも有名な観光地ばかりで、どこへも行くことができない。

いつ暴漢に襲われるかも知れないし。

1日も早く鎮まることを祈願します。

 

今回初めて台湾に行って、香港に負けず劣らずいいところとわかったので、また次回の旅行も台湾に行きたいと思います!

 

 

巨大なゴミ箱を作った!

 

京都府大山崎のレストラン・タガミ

 

京都府大山崎にあるオシャレなレストラン・タガミ 

f:id:altokoubou:20190723000145j:plain

 店は大きくはなものの、中も外もいいセンス。

山崎の落ち着いた街並みによく溶け込んでいます。

何といっても気さくなオーナーシェフが作る料理は超一流!

有名ホテルで修行を重ねただけあって、とても美味しいです!

 

縁があってここで色々と楽しく仕事をさせて貰っています。

最初に頂いた仕事は、テラス席の手すりにプランターを置くので、そのカバーを木工で製作するというもの。

歩道を通行する人からの視線を遮るために置きました。

f:id:altokoubou:20190723000117j:plain

 

f:id:altokoubou:20190723000112j:plain

 植えられているお花は高槻市「市川園芸」さんが定期的に入れ替えています。

今は「野いちご」が植わっていてあま〜い香りが辺りに漂い、歩道を歩く人も「あっイチゴや!」と立ち止まったり。

そもそもはその市川園芸さんからの紹介でこのプランターカバー作ったのが始まり。

 

木工製作以外でもどんな事でも希望を形にしますよ!

 

その他に頂いた仕事はテラスの塗装補修や店舗の内外の電気配線のまとめなど。

テラス席はずいぶんと雨風に打たれて傷んできているため補修塗装をさせていただきました。

店舗の内外の電気配線は無駄なものが多かったので、きれいにまとめて見栄え良く。

自分の思い通りに配線をやり変え。これはもう趣味の延長のようなものでした。

新たにスイッチを設置したり、不要な電線を取り外したり。

1日かけてじっくりと電気工作をして楽しんだ。

オーナーからはすっきりしたととても喜んで頂けたので、木工製作以外でも不便を解消・希望を形にすることができてよかった!

 

オーナーから至急の依頼が!

 

とある日曜日。

マンションのリフォーム完成見学会の写真撮影を依頼されて、終わった帰り道にオーナーから電話が。

至急にゴミ箱を作って欲しい!

ちょうど宇治市にいたので、帰り道。「寄りますよ〜」

話を聞くと事情があって新たにゴミ箱を設置する必要がある。

どうせならダンボールも入るくらいの大きなものを。

このテラスの側面に設置することとなりました。

f:id:altokoubou:20190724000402j:plain

 

長さが1.6m・高さが80cmという堂々としたものになりそう。

 

最優先で製作開始!

 

困った事情があっての依頼なので、これは何を差し置いても最優先で作らないと。

ネットショップからも色々と注文をもらっているけど、ちょっと待ってね。

 

大きいものなので、運ぶことも考えるとあまり重くできない。

1.6mと長いけど、補強を入れることで十分な強度を持たせるようにしました。

こんな形。

f:id:altokoubou:20190722234543j:plain

 

内部を水洗いしたいとのことなので、水抜きの穴を開けることに。

浴槽の水栓を取り付けるための穴。

f:id:altokoubou:20190722234516j:plain

 

左右に穴を開ける。

f:id:altokoubou:20190722234519j:plain

 

板の合わせ目をシールして塗装開始。

f:id:altokoubou:20190722234545j:plain

 

テラスと同じ色でウォルナット。

f:id:altokoubou:20190722234611j:plain

 

塗装が乾いてから取っ手を付ける。

どこでも持てるようにステンレスパイプとしました。

f:id:altokoubou:20190722234340j:plain

 

虫が入って来ないように、蓋するところにはゴムを貼って予防。

f:id:altokoubou:20190722234346j:plain

 

開き止めのチェーンを取り付け。

f:id:altokoubou:20190722234413j:plain

 

内部はコテコテの油性保護塗料。水を貯めても大丈夫!

f:id:altokoubou:20190722234249j:plain

 

一般家庭では大き過ぎるゴミ箱の完成。

サイズは長さ:160cm・高さ:80cm・奥行き:40cm。

f:id:altokoubou:20190722234337j:plain

 

屋外用のストッカーにもなりそう。

広い庭を持っておられる方や貸し農園を楽しんでいる方、いかがですか?

f:id:altokoubou:20190722234323j:plain

 

何年も前から置いてあるような。

 

軽トラックを借りてきて設置に出発。

長さ1.6mでも余裕で積むことができる軽トラが欲しい!

f:id:altokoubou:20190722234421j:plain

 

置いてみると。

一瞬で同化した! もうこれを置いてから10年になるか・・・。

f:id:altokoubou:20190723231147j:plain

 

おしゃれなレストランなので、似合うようなデザインにして良かった!

f:id:altokoubou:20190723231136j:plain

 

ゴミ箱には見えないね!

f:id:altokoubou:20190723231150j:plain

 

オーナーも満足。

f:id:altokoubou:20190723231122j:plain

 

 電話を頂いてからちょうど1週間で作りました。

このように概略でも希望を伝えていただくと形にします。

不便に感じている事などがあれば、コラボして解決しませんか?

 

スポンサードリンク