読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リビング紙に載りました!

木工

以前、我が家に取材に来ていただいたリビング新聞社『京都でかなえる家づくり』の記事が出来上がりました。

f:id:altokoubou:20170328235626j:plain

自分の家とは思えないくらい、綺麗に撮影されています。

さすがは凄腕のプロカメラマン!!

書かれている文章もその通り!といった感じです。

 

年に1回の発刊の雑誌に我が家を取り上げていただきありがとうございました!

 

ここに引っ越した当初から比べて我が家は随分と変わりました。

これからもハウス工房さんのご協力をいただき、まだまだ進化していく予定です。

それだけのエネルギーを貰える家であります!

別名:やりたい放題。

えさ箱の完成

木工

やっと「えさ箱」が完成。

会社勤め&出張族の悲しさ、木工製作ができる時間が全然取れなくて完成まで随分と時間がかかりました。

最初の製作なので、かなり拘って細部まで作りこんだのも時間がかかる要因でした。

もう要領がわかったので、同じ作り込みでももっと早く製作できます。

 

まず、白色の塗装から。

高さ 約22cm  幅 約40cm  奥行き 約20cm

水とえさの皿を二つ余裕で置くことができます。三つ置くとちょうどいい広さかな。

f:id:altokoubou:20170328000913j:plain

本体が白色、扉の部分を赤色にしました。

塗料は天然素材のバターミルクペイントで、猫・犬が舐めても安全です。

f:id:altokoubou:20170328012506j:plain

f:id:altokoubou:20170328000947j:plain

透明アクリル板を張った扉の中にはえさを収納できます。

 

次に木目調。お皿は二つ置くとちょうどです。

ちょっと小さめで 高さ 約19cm  幅 約34cm  奥行き 約 19cm

f:id:altokoubou:20170328000759j:plain

塗料は使用せずに、同じく天然素材の「蜜蝋」を塗りました。

表面はツルツル・スベスベに仕上がっています。

f:id:altokoubou:20170328000742j:plain

ラッチ(開放防止)は下向きに落とし込む形なので、猫・犬には開けられません。

f:id:altokoubou:20170328000707j:plain

f:id:altokoubou:20170328000836j:plain

全方向から食べられます。

f:id:altokoubou:20170328000817j:plain

 

上乗り型爪とぎ

爪とぎも作りました。

f:id:altokoubou:20170328000911j:plain

綿のロープを巻きつけています。

ウチの猫は中型犬なので力が強く、自立型の爪とぎでは押し倒してしまいます。

そのために上に乗ってできるものをと考えました。体重が乗るとズレたりすることはありません。

これも「蜜蝋」で表面処理をしています。

長さ 約60cm  幅 約25cm

サイズ的にかなり大きいものなので、小さな猫ならこの半分以下の大きさで良さそう。

f:id:altokoubou:20170328000834j:plain

裏返して使えて、ロープが傷んでくると巻き替えができるので一生ものかと。

どの品物も色・サイズ共にオーダーとなります。

ご希望の形で作りあげますよ。

これだけでネットショップ開業!

日本一しょぼいショップ

たったこの2品目だけしかないのですが、これでネットショップを開業しようと考えています。

商品は順次増やしていくということで。

ネットショップというよりもブログの延長のようなものですが、まあ何事も初めてみないと一歩も進まないのでとりあえずスタートしようと準備中です。

 

ネットショップというものは簡単に開業ができるものの、MakeShop・カラーミーショップ・BASEなど多くのサービスがあって大いに迷う!

それぞれ一長一短がありなかなか決めかねますが、いろいろ調べると「カラーミーショップ」がいいかな?と思います。

shop-pro.jp

独自ドメインを取得していればサービスの乗り換えも簡単なので、最初はなんでもいいか!

開業の申し込みもごく簡単、運営の費用も月に3,000円ほど。ハンドメイドであれば仕入れの問題もないので、リスクは少ないと思います。

この時代でよかった・・・。 

毎週品目を追加して、少しでもショップらしくしていこうと楽しみです!

iPad miniのケースでびっくり!

PC

なによりも頑丈なものを!

iPad mini 4のケースを新しくしました。

iPad 2の頃から仕事でプライベートで日々酷使をしているもので、一年を経ずしてケースだけボロボロになってしまいます。

mini4の2代目のケースもすっかり傷んでしまい、そろそろ交換時期となりました。

ケースは外観よりも何よりも耐衝撃性が一番大事!

今まで使っていたケースも優れもので、iPadの角の部分までしっかりガードされていて、コンクリートの上に落としてしまった時でもケースはへこんだものの本体は無傷でした。

ただ、同じものの色違いを二つ続けて使っていたので、次はちょっと違うものをと、ららぽーとエキスポのアップル屋さん 「C smart」へ見に行きました。

C smart ららぽーとEXPOCITY店 | Apple Premium Reseller

Macに宗旨替え

ここは店頭でmacbookの薄さを見て衝動買いしてしまい、挙句iMacにまで手を出してウィンドウズ教からりんご教に宗旨替えを余儀なくされたところです。

ここのスタッフの一人に布教されてりんご教の信者となったのですが、その彼は家業を成就するためにオーストラリアへ数年間修行に行くとのこと。

なかなかの好青年で、知り合いになったのに会えなくなることは残念ですが、彼の地でも大いに頑張って欲しいものです。

 

ここの店内はさほど広くないので、ビックカメラヨドバシカメラのように広大な売り場に大量に陳列してあるということはなく、ケース類は片隅に少数精鋭といった感じで並んでいました。

その中でひと際目を引いたのがこれ!

STM Dux Case for iPad mini 4

アップルストアでも販売しています。純正に指定されているということかな?

f:id:altokoubou:20170324234411j:plain

4feet ≒ 1.2mの高さから26回の落下試験をクリアしたyo!と表示があります。

実際に4feetから26回落下試験をしている動画があり、結果は無事でした。f:id:altokoubou:20170324234339j:plain

箱の開閉の部分にもマグネットが使用されていて、贅沢な。。

f:id:altokoubou:20170324234451j:plain

元気が出る赤色! 汚れにくい表面処理がされています。

f:id:altokoubou:20170324235319j:plain

iPadの全周を分厚く保護してくれている。

f:id:altokoubou:20170324235427j:plain

なんと裏側は透明! アップルオンラインで裏面に施してもらった刻印がやっと日の目をみることになりました。

なにか写真を挟んでもいい感じになりそう。

但し、フラップが裏側まで回り込んで留まるので、開くときには本体を少し持ち上げてフラップを剥がさないといけないのがちょっと面倒。f:id:altokoubou:20170324235357j:plain

なにがビックリしたかというと!

と、まあここまでは普通のよくできたケース。

なぜここまで熱く紹介をするかというと・・・。

 

金属板にマグネットフラップがひっついて本体を固定できる!!

f:id:altokoubou:20170325014816j:plain

冷蔵庫に張り付けてyoutubeを楽しむことができる!!

水がかからないところに張り付けてクックパッドを見ながらお料理!

レース会場で車のボディに張り付けてモチベーションの上がる動画を見ながらローラーでウォーミングアップ!!

どこでも張り付けて寝転んで映画を観る!

 

閉じてもひっつく。でもこれはあんまり意味がないです。

f:id:altokoubou:20170325014748j:plain

ハードロックカフェ大阪」で買ったfenderのピック型マグネット。

f:id:altokoubou:20170325015223j:plain

このケースを紹介しているどのサイトでもこんな使い方は載せていません。

滑って落ちて壊れても自己責任ということでしょうが、これくらいの高さなら落ちても大丈夫と思いますよ。

これは久しぶりにええなあ〜と思える商品でした。

価格は税込7,344円。

いいけど高い〜〜〜! 

すっかり変わった博多駅

出張・旅行

博多から長崎へ

仕事で何年かぶりに長崎県に行きました。

博多まで新幹線で、そこからはレンタカーに乗り換えます。

f:id:altokoubou:20170324133906j:plain

JR博多駅も久しぶり。

以前は新幹線で・飛行機で何十回となく往復したものでした。

新幹線のチケットを購入するJ-westのカード決済の限度額20万円が3週間でいっぱいになったことも。

以前は駅構内に入るとベルギーワッフルの「マネケン」のあま~い香りが充満していて、出張帰りの空腹を襲われていました。

そんな通いなれた博多駅も大改装工事の前しか知らず、今回行ってみると大きく変わっていてびっくり!

九州新幹線が開通する時の平成23年に新しく開業しており、普通の駅であったものがJR HAKATA CITYに変貌しています。

f:id:altokoubou:20170324134206j:plain

きらびやかな街になりました。

f:id:altokoubou:20170324140049j:plain

f:id:altokoubou:20170324140200j:plain

f:id:altokoubou:20170324140320j:plain

スターバックスコーヒー KITTE博多店は健在です。

手持ちのタンブラーに本日のコーヒー「トールサイズ」を注いで

頂きました。

f:id:altokoubou:20170324134645j:plain

駅前のOIOIの前にあるポスト。

「写真を撮って拡散してくれオーラ」がまばゆいです。

f:id:altokoubou:20170324135210j:plain

敵兵に頭を矢で射抜かれた落ち武者のような。

f:id:altokoubou:20170324135604j:plain

 

長崎県松浦市

今回の目的地は長崎県松浦市

ここからレンタカーで2時間くらいです。

ヤフオクドーム(福岡ドーム)が見えてきました。

このドームを建築するときに開閉式屋根の架設工事に携わったことがあります。

あの時は博多の街に3週間ほど滞在しました。

なつかしい。

f:id:altokoubou:20170324140747j:plain

港には大きな客船が停泊していました。

Cのマークはクイーンエリザベスかな?

f:id:altokoubou:20170324142926j:plain

なにもなかった・・・。

松浦の町です。

f:id:altokoubou:20170324143219j:plain

駅の待合室の中。木の香りが清々しい。

f:id:altokoubou:20170324143333j:plain

カメラを担いで町を散策しました、が。

f:id:altokoubou:20170324143510j:plain

駅前といえど、飲み屋さん以外は実になにも無い、素朴な・・・。

但し、今回のお宿は実にきれいでした。

ビジネスホテル・アミスタホテル。

f:id:altokoubou:20170324143659j:plain

今まで泊まった中でも上位にランクされるきれいさ。

去年の10月にオープンなので当然ですが。

部屋も十分に広く、夕食は600円で量もたっぷり。朝食は無料でした。

f:id:altokoubou:20170324144003j:plain

唯ひとつ、残念なこと。

大浴場がなかった・・・。これさえあれば満点を獲得していたのに。

連泊したかったくらいですが、仕事は2日で終了。

また2時間かけて博多駅まで戻りました。

 

もう当分、この先何年も九州に来ることは無いと思います。

そう思うと感慨深いものがありました。

マジックアワーの五月山と猿の群れ。

写真です。

春になってきて日が暮れる時間も遅くなってきたので、退社してからちょうどいい頃に「マジックアワー」が訪れるようになりました。

マジックアワーとは写真の撮影用語で、光源である太陽が沈んだあとしばらく薄明るくて影ができない、色相がソフトで暖かいという絶好の撮影タイムのことです。

 

今日の大阪府の日没時間は18時05分。車で会社を出てから帰り道にある「五月山ドライブウェイ」の展望台に着く頃がちょうどマジックアワーです。

間に合った。

f:id:altokoubou:20170314204147j:plain

ドライブウェイの途中にある「秀望台」から。

この場所からは阪神高速道路から六甲山、大阪湾の方まで見渡せます。

まだまだ風は冷たく寒かったけど、いい写真が撮れてました。

 

何枚か撮っているうちにあっという間に真っ暗に。

夜景もきれいです。

f:id:altokoubou:20170314204110j:plain

この「五月山ドライブウェイ」は自転車で登っていた通勤帰り・激坂トレーニングコース。

展望台までがすごい急勾配の登りで、願ってもない山トレーニングができるいいコースです。

 

しかし!去年あたりから後半の箕面ダムの近くに、野生の猿の群れが道路いっぱいに広がってたむろするようになって、通れなくなってしまいました。

以前は観光地の「大滝」のあたりに大勢いたものが、人に危害を加えることが頻発したために、山奥の方で餌付けをして移動させたそう。

 

以前の数字では総勢520頭もの大群が四つの集団に別れて生活をしています。

集団には名前があり、F集団190頭・L集団110頭・N集団130頭・K集団90頭。

一番勢力の弱いK集団が餌場から追い出されてさまよっているらしく、どうもこの集団のようです。

f:id:altokoubou:20170315234814j:plain

 

こちらから手を出さない限りなにもしない、とは分かっているものの、真っ暗の山道で猿の大群が座っている間を自転車ですり抜けるのはなんとも恐ろしい。

自転車を見て子猿がキーキー鳴きながら逃げ惑う、それを見て親が子供を護るためにかかってこないか?

f:id:altokoubou:20170315231923j:plain

車なら安心なので今日はどうかなと通ってみると、いつもの場所あたりに居るはずの集団が見当たらない!

たまたま今日だけかも知れないけど、必ず居たものが居ないともう大丈夫のような気がします。

弱小集団がいつの間にか力をつけて、餌場に戻ったか?

そうであればまたトレーニングコースとして復活できます。

猫のえさ箱を製作

木工

木工製品の製作を開始!(やっとこさ)

やっと木工製作に取り掛かることができました。

今までは工房を作り上げることに夢中になりすぎて、工房を作ることそのものが目的と化していました。

あくまで木工製作の場所としての工房なのに。

仕事場が完成したので、本来の目的である木工製作を始めます!!!

 

猫のえさ箱

最初に猫を飼い始めた時にキャットフードをおく場所がなく、急遽考えて作ったものがこれです。

猫が一匹になってしまったので、上に置くえさ皿も一つになってしまいました・・・。 

f:id:altokoubou:20170312003711j:plain

上にえさ皿と水皿を置ける広さがあり、下にはえさを収納できます。

なかなか機能的で気に入っていました。

しかし7年前に作ったもので、さすがに古ぼけてきて今回リニューアルすることに。

同じサイズで作ります。

 

ホームセンター・コーナンで板を買ってきました。

f:id:altokoubou:20170312003748j:plain

大きさには余裕を持って、1820×18×400のサイズ。

f:id:altokoubou:20170312003816j:plain

「墨付け」が何より大事。1mmの狂いもないように線を引きます。

f:id:altokoubou:20170312003914j:plain

現物の寸法を測りながら、どんどん切っていきます。

切断しては仮置きして寸法を確認します。

f:id:altokoubou:20170312005535j:plain

前面の扉は透明アクリル板をはめ込むので、きれいに見えるように枠の部分は「留めつぎ」とします。

f:id:altokoubou:20170312003845j:plain

端部は45度カットの「留めつぎ」仕様。

断面はビスケットジョイントが入らない小ささなので、接続の方法はダボで留めるようになるかな?

f:id:altokoubou:20170312004045j:plain

全部の切り出しが終わりました。

f:id:altokoubou:20170312004114j:plain

この形になるように組み上げていきます。

f:id:altokoubou:20170312011415j:plain

細かい部品は丁番とマグネットキャッチと開放防止のラッチ。

f:id:altokoubou:20170312004144j:plain

組み上げてから角という角を丹念に丸く削り、サンドペーパーで滑らかに。

猫が噛んでもいいように天然素材の塗料を塗る予定です。

日が暮れてきて、今日の作業はここまで。

JAZZが流れて重低音が響くオーディオルームのような場所で製作ができて、実に楽しい時間でした。

ニヤニヤしながら作っていた!

ネットショップ開設

実は今、木工製品を製造販売するネットショップを開設する準備を進めております。

製作販売をする工房の名前が「あると工房」なのでした。

アルトサックスを吹くことも趣味の一つなので、「あると」という名前にしています。

製作するものとしては、このえさ箱の他に薪ストーブ・暖炉の薪を収納する「ウッドボックス」や「ままごとキッチン」「カトラリーボックス」「お姫様ドレッサー」「テレビボード」などなど。

        ご注文をいただければなんでも作ります。

ゆくゆくは脱サラをして、こちらを本業にできたらいいなあ〜という夢があるのでした。

ネットショップ開設日の目標は私たち夫婦の結婚記念日である、今月末の3月30日。

無事に開設ができた暁には、皆さまどうぞよろしくお願いします!

オーディオシステムが完成。

木工

工房のオーディオシステムが完成しました。

以前から使っていたMaxelliPod対応スピーカーシステムにブルートゥースレシーバを取り付けてものを流用していましたが、なんとも低音が寂しい。

f:id:altokoubou:20170311005122j:plain

休眠中の機材を有効活用

腹に響く重低音が欲しいなあ〜と色々とスピーカーを探しましたが、どれも物足りなさそう。

そこで思い出した!

使っていないBOSE 101MMスピーカーがある! サブウーファーもある!

これを活用しないと!

どれも10年以上前にヤフオクで落札したけど、あまり使うことなく置いていたものでした。

天井から吊り下げ

スピーカーは吊りさげると上下が逆になるので、カバーに付いているBOSEのロゴも逆になるのは仕方がないな。と思っていました。

取れないかダメ元でカバーを引っ張ってみると。外れるのであった・・・。 

知らなかった。

f:id:altokoubou:20170310204030j:plain

無事に正立方向に取り付け。

しかし埃がたまっている・・・。ちゃんと鳴ってくれるかなあ?

 

吊りさげアタッチメントを天井部分に取り付けます。

落札した時に一緒についてきたもので、使うことがなくずっと会社の机の中にしまっていました。

ようやく日の目を見た。

f:id:altokoubou:20170310204528j:plain

右・左とも取り付け完了。

f:id:altokoubou:20170310205005j:plain

f:id:altokoubou:20170310204953j:plain

スピーカーの取り付けそのものは簡単。大変なのがこれからです。

工房の一番奥に取り付けたスピーカーから、工房の入り口にあるアンプのある場所まで途中にサブウーファーを介してスピーカーコードを配線せにゃならん!

10mの長さのコードを買ってきましたが、多分足らないでしょう。

 

サブウーファーはこんなものです。

f:id:altokoubou:20170310232937j:plain

ほんとは地べたに置きたかったのですが、ものすごい木の粉が降り注ぐ場所なので一段上げた場所に設置となりました。

低周波数の音は指向性がほとんどないので、どこに置いても構いません。

埃除けとして上からウエスでもかぶせて置きます。

 

思いつきでいろんな配線をしたもので、かなり混乱しております。

f:id:altokoubou:20170310233132j:plain

配線は確かに多いですが普段はメインスイッチで全切りしている上に、全ての負荷にスイッチをつけているので同時に多くの電気が流れることがなく、まず大丈夫でしょう。

 

高品質なデジタルアンプ

アンプはこれまたヤフオクで落札。Lepaiのデジタルアンプ。

f:id:altokoubou:20170311001253j:plain

2,000円ちょっとながら出力は40Wで音質は十分満足できる!

デジタルではなく、アナログアンプで40Wであればとてもこの小ささでは収まらないでしょう。

放熱フィンでさえもこの筐体に内蔵されています。信じられない。

このアンプの内部を改造して楽しんでおられる方のブログがよくありますが、自分はそこまでの知識はないので、このままで鳴らします。

横に置いているブルートゥースレシーバーから信号を入力します。

 

サブウーファーの出力端子にスピーカーからのコードを接続、更に入力端子からアンプに向かってどんどん配線を伸ばしていくと。

思った通りにスピーカーコードは10mでは足りませんでした。

手持ちのコードを継ぎ足してもまだ足らない。

仕方なくコーナンまでまた10m分を買いに走りました。

 

信号の入力はミニプラグでもできますが、もちろんピンプラグにしましたよ。f:id:altokoubou:20170311000808j:plain

手元でボリュームとトーンの操作ができて、快適そのもの。

f:id:altokoubou:20170311001421j:plain

木工工房のような常に木の粉が舞い上がる過酷な条件下でオーディオシステムを構築できるのも、エアコンプレッサーがあるおかげです。

エアーで常に粉を吹き飛ばすようにすると、システムに支障が出ることはないでしょう。

地を這う重低音

各部の取り付け・調整が完了。 f:id:altokoubou:20170310235705j:plain

iPadから音を入れます。ブルートゥース接続もすぐに完了。

ウーファーのボリュームをMAX、アンプもBASSを最大にすると。

予想通りの腹に響く、地を這うような重低音が!

これがしたかった・・・。 工房の外まで低音が漏れています。

f:id:altokoubou:20170310235836j:plain

目指せ! 場末のスナック

でもあまりに低音を響かせ過ぎると却って気分が悪くなるので、ほどほどにしておきます。

高校生の頃にオーディオに凝っていたことを思い出しながらの楽しい取り付け・配線作業でした。

 

古いBOSEのスピーカーが天井から下がっているという、場末のスナックにまた一歩近づきました。

読者・購読・フォロー