mac bookが生還。 AppleCare+ for Macに入っていてよかった! 68,000円がタダに。

わずかに1日で完了!

アップルショップで蘇生の秘術を受けていたmacbookが見事に生き返り、戻ってきました。

修理の工程としては以下の通り。

7月2日(日)13時45分 アップルショップ心斎橋店に持ち込み。

68,000円かかると云われていた修理代金が

AppleCare+ for Macに加入すると、保証とサポートがMacの購入日から3年間に延長されます》

加入していたことをすっかり忘れていましたが、これのおかげで無償による修理になると聞き、思わず店内でやおよろずの神・仏に感謝を捧げる。

修理の完了までは1週間くらいかかるよ! とのことでした。まあ明日から1週間出張なので、ちょうどいいか。と。

完了した暁にはmacbookをアップルショップまで取りに来るか、或いは自宅に送りましょうか?

と聞かれたので、同じ大阪府内とはいえ、はるばる茨木市から大阪市中央区西心斎橋まで来るのはもうしんどいな。と送ってもらうことに。

7月2日(日)14時30分 説明が終わり、macbookを預ける。

 ミナミの街をぶらぶらする。⇒ 帰宅(出張の準備)

 7月5日(水)19時30分 出張先の岐阜県大垣市の安いビジネスホテルで自転車に乗る準備をしているところに自宅からTel。

「パソコン宅急便たらいう箱が来とるよ」

  え え ~ っ ! も う 届  い た ん !

f:id:altokoubou:20170714133944j:plain

同封されていた修理の報告書を見ると7月2日の受付が終わって、すぐに神奈川県にある修理サポートセンターに送られたようです。

翌日の7月3日現地に届き、即日修理を完了してその日のうちに大阪に返送。

おそらく翌日の7月4日に自宅へ発送していただいたと思われます。

なんと速い仕事!

厳重な梱包の中にアップルのクリアファイル

「パソコン宅急便」のしっかりとした箱に入って届けられました。

f:id:altokoubou:20170714131216j:plain

開けてみると更に厳重な梱包がされています。

f:id:altokoubou:20170714131238j:plain

本体には保護フィルムが貼ってある。

f:id:altokoubou:20170714131300j:plain

f:id:altokoubou:20170714131134j:plain

それに修理の報告書などはりんごマークのクリアファイルに挟まれていました。

あまり見ることのないクリアファイル。これだけでも値打ちがあるかな?

f:id:altokoubou:20170714131154j:plain

修理の内容は

AppleCare Service 修理報告書によると以下のような作業をされていました。

検証結果及び作業内容

   ロジックボードの故障により、ご申告の症状を確認しましたので、

   ロジックボード(ソリッドステートドライブ一体型)を交換し、

   MacOS 10.11.6のインストールを実施いたしました。

 

   上記部品交換後、正常に起動できることを確認いたしました。

 

   総合診断テストを実施し、全て正常に機能することを確認しました。

という内容で無事に直りました。

ロジックボードとはマザーボードのことで、macbookはソリッドステート一体型となっています。

SSDをボードと共に交換したとは、つまりデータは全て吹っ飛んだ・・・

このごろはバックアップをサボっていて、最近のデータは取っていない。

Time machineのバックアップディスクをみると今年の2月が最後でした。

それでもないよりはずっとマシ。

Time machineとはmacのバックアップ機能のことです。

Time Machineバックアップデータの復元手順

 データの復元は実に簡単。

Mac OS X Lion (10.7)以降の場合。

① バックアップデータのある外付けのHDDなどを接続する。

Macの起動時に「Command+R」キーを押し続ける。

③ 復元システムからコンピュータを起動する。

④ 「OSX ユーティリティ」のメニューに、Time machineバックアップから復元するオプションが表示される。

⑤ 「Time machineバックアップから復元」を選択 ⇒ 「続ける」をクリック。

f:id:altokoubou:20170715085148p:plain

⑥ バックアップが保存されているストレージを選択

f:id:altokoubou:20170715085200p:plain

⑦ 復元が始まる・・・。

f:id:altokoubou:20170715085145p:plain

これだけの操作であとは4時間ほどかけて復元されました。

f:id:altokoubou:20170715085141p:plain

ほとんどのアプリは完全に復元されましたが、Office for Macだけは再度ログインを要求されました。

一通り復旧が終わってmacが昇天する前の状態に戻してから、早速Time machineでバックアップを取りましたよ。

f:id:altokoubou:20170715084819p:plain

これからは頻繁にバックアップをするようにします。

AppleCare + for Macについて

このmacbook大阪市吹田市ららぽーとエキスポシティにある「Csmart」購入したもの。

そのときにAppleCareに加入していたようです。

多分、キャンペーンか何かで無料で加入できたのだったかな?と思います。

すべてのMacには、製品購入後1年間のハードウェア製品限定保証90日間の無償電話サポートがついています。AppleCare+ for Macに加入すると、保証とサポートがMacの購入日から3年間に延長されます。さらに、過失や事故による損傷に対する修理などのサービスを、画面または外部筐体の損傷は1回につき11,800円(税別)、そのほかの損傷は1回につき33,800円(税別)のサービス料で最大2回まで受けることができます1Appleの専任スペシャリストにチャットまたは電話で直接問い合わせることもできます。

普段はこういうサービスはケチってしまって加入することはまずありません。

今回は無料ということもあってかどうかわかりませんが、よくぞ加入していたもの。

よくやった!

www.apple.com

 今回はAppleCareに加入していて大正解!

しかしその費用は23,800円(税別)となっています。

www.apple.com

アップルケアのメリット

大枚23,800円を払ってアップルケアに加入することのメリットは? 

 

f:id:altokoubou:20170714155240j:plain

 

通常は購入後90日間は電話によるサポートが受けられて、1年間はハードウェアの保障が付きます。

保障についてはこれくらいで十分で、特にアップルケアは必要ないかな?と思いますね。

ではどう違うか?

① 保障期間の違い

ハードウェアの保障が1年で終わるところが3年に延びる。

② 電話によるサポートの違い

Appleの専任スペシャリストによる修理サービスとサポートをワンストップで受けられるのは、AppleCare+だけ。1回の電話でほとんどの問題を解決できます。

③ ハードウェアの保障の違い

過失や事故による損傷に対する修理などのサービス(最大2回まで。1回につき、画面または外部筐体の損傷は11,800円、そのほかの損傷は33,800円の税別サービス料がかかります)

④ ソフトウェアのサポートの違い

自宅やオフィスはもちろん、外出先からでも、Appleの専任スペシャリストが幅広いトピックについての質問に電話で直接お答えします。

以上、出展はすべてアップルケアでした。

加入するべきかそうでもないか?

PCのトラブルについて、ハードウェアはともかくソフトウェアのトラブルについてはPCに慣れているなら、なんとかなることが多いです。

なので、アップルケアに加入するかどうかはパソコンのスキルによる、といったことでしょうか。

自分もPCのトラブルについてはウィンドウズマシンで散々苦労してきて、大概のことは対応できるようになりました。

   f:id:altokoubou:20170715084354p:plain

しかし、今回のトラブルはいかにスキルが優れていようとも、解決が難しいものです。

macbookの筐体は簡単に開けられないようにいろいろとトラップが仕掛けられており、下手に開けるとあちこちの線が切れて、どんどん泥沼にはまっていく・・・。

macbookのハードウェアのトラブルについては、そんなリスクを犯してまでも自分で修理をしようとは考えないほうがいいでしょう。

iPhoneなどとは違い、PCは保障期間の3年を超えて使用することが普通なので、安心のために加入したほうがいいのではないでしょうか?

mac製品は決してお安くはないですからね!

広島県 お好み村 旨いかな〜?

岐阜県から広島県

岐阜県大垣市での仕事が終わって、一旦帰宅。

一日半ほど大阪にとどまり、落ち着く間も無く次は広島県へ向けて出発しました。

まさに旅から旅。

こんな生活を長い間続けており、今となってはもうすっかり慣れています。

今回の目的地が久しぶりの広島市内、広島市内といえば「お好み村」

何度となく広島市には行っているけど、お好み村に行くのは初めてです。

f:id:altokoubou:20170712221320j:plain

元祖広島お好み焼「お好み村」ホームページ

その名の通り、お好み焼きのお店が集まっているところ。

一つのビルの中に25軒がひしめき合っていて、コテコテの観光客相手のド派手スポットとなっています。

場所はココ⬇️

http://www.okonomimura.jp/access/images/map03.jpg

Googleマップで見ると。

平和公園からもほど近いところです。

f:id:altokoubou:20170712225026p:plain

JR広島駅前から路面電車広島電鉄)に乗ればゴトゴトと運んでくれます。

広島駅から1・2・6番系統に乗り、6番目の駅「八丁堀」で降りる。

5番以外ならどれでも可。

 

f:id:altokoubou:20170712225219p:plain

1.5kmほどの距離。街を眺めながらすぐに到着となります。

電車のご利用方法:乗車方法|電車情報|広島電鉄

運賃は市内均一で大人160円・子供80円。降りるときに払います。

八丁堀の停留所で降りて、来た方に少し戻りアーケード街の中央通りを右に曲がり、ブラブラ歩くと見えてきます。

車で行く場合は専用の駐車場がないので、周辺のコインパーキングに駐車しましょう。

有料駐車場マップ/お好み村

初!お好み村

観光客向けのところなので正直、味にはあまり期待していません。

一度行ってみたかったということで。

広島PARCOの南側

f:id:altokoubou:20170719215606j:plain

中華街のようなネオンサインがあり、目を引きます。

f:id:altokoubou:20170719215528j:plain

f:id:altokoubou:20170719215546j:plain

派手な提灯も。

f:id:altokoubou:20170712221406j:plain

エレベータか階段を登って2階から店が始まります。

f:id:altokoubou:20170712222644j:plain

これだけ集まっていると、どこに行っていいやら見当もつかない。

f:id:altokoubou:20170712231901j:plain

最初に2階を覗いてみたけど、どこの店もほぼ満員。3階に行ってみました。

f:id:altokoubou:20170713001020j:plain

3階の各店は2階と対照的にほどんど客が入っていない。

どこでもいいので、おばちゃんの呼び込みに引き込まれて「ひろちゃん」に入ってみました。

自分も子供の頃は「ひろちゃん」と呼ばれていたので。

ブログに載せる承認をもらって記念撮影。大将ご夫婦とアルバイトの三人。

f:id:altokoubou:20170712221432j:plain

オススメの「ひろちゃん焼き」を注文。1,480円。

f:id:altokoubou:20170712222508j:plain

肉・玉子・生いか・生えび・ネギかけ・そば又はうどん。が入っています。

f:id:altokoubou:20170712222557j:plain

できました。ビールとよく合う!

f:id:altokoubou:20170712221149j:plain

生ビールは何杯あってもキリがないので一杯でだけにしときましたよ。

肝心のお味の方は・・・。やっぱり観光客向けでありました。

f:id:altokoubou:20170713000733j:plain

焼き牡蠣のトッピングは+1,200円。

やめときました。

f:id:altokoubou:20170712235038j:plain

そのうちに何組も客が入って来て、忙しくなっても愛想のいいおばちゃん。

f:id:altokoubou:20170713000154j:plain

食べ終えてビルを出るとすぐ隣に「お好み共和国」が。

共和制の国家らしい。

f:id:altokoubou:20170713001423j:plain

もういいです。

歩き回った空きっ腹に生ビールが効いてあ〜しんど。

お宿に戻って早くに寝ました。

水都 大垣市

水都を探訪

 

 岐阜県大垣市に先週から出張で来てもう2週間になろうとしています。

今までに何度も来ていますが、ここ大垣市が「水都」であるということは知りませんでした。

水の都というだけあって、街中をきれいな運河が流れています。

仕事に行き帰りに毎日通っていて、どうしても見たくなったので今日はロードトレーニングは休み。カメラを担いでロードに乗って探訪へ。

ビジネスホテルの近くの公園にはいつも白黒の猫がいて見送ってくれます。

f:id:altokoubou:20170705223325j:plain

ウチの「テン吉」と同じデザイン。

ミニ奥の細道

市内中心部を流れる水門川を「奥の細道」となぞらえて、「ミニ奥の細道」として約2.2㎞の間に松尾芭蕉奥の細道の各地で詠んだ俳句の句碑が20基建てられています。

f:id:altokoubou:20170705223213j:plain

 「月日は百代の過客にして、行かふ年も又旅人也。舟の上に生涯をうかべ馬の口とらえて老をむかふる物は、日々旅にして 、旅を栖とす」

奥の細道 結びの地でもありました。

きれいな水が流れる川。

f:id:altokoubou:20170705232906j:plain

大きな鯉が大勢いて、橋の上から覗くとエサが貰える!とばかりに集まってきました。

f:id:altokoubou:20170705224058j:plain

橋の欄干に「パーゴラ」が取り付けられていて、カッコいいです。

f:id:altokoubou:20170705233118j:plain

句碑

世の人の 見付けぬ花や 軒の粟 

須賀川での句 

f:id:altokoubou:20170705233353j:plain

赤い橋とLOOK 695ZRがよく似合う。

f:id:altokoubou:20170705233744j:plain

閑さや 岩にしみ入 蝉の声

山形市立石寺で詠んだ句。現地にも行ったことがあります。

f:id:altokoubou:20170705234829j:plain

市内にはよく猫がいて、辺りを睥睨している。

f:id:altokoubou:20170705234115j:plain

道頓堀川はえらい違う、落ち着いた佇まい。

f:id:altokoubou:20170705234259j:plain

この辺りが観光たらい船の降り場になるようです。

水の都おおがき舟下り/たらい舟|大垣・西美濃観光ポータル「水都旅(すいとりっぷ)」

f:id:altokoubou:20170705234416j:plain

なんとも涼しげな運河のほとり。

こんなところを日々散歩できたらええやろなぁ~。

f:id:altokoubou:20170705235316j:plain

おいしそうなチーズケーキ屋さん。

f:id:altokoubou:20170705235436j:plain

むすびの地に着きました。

f:id:altokoubou:20170705235540j:plain

記念館があります。

観光資源としては十分なものでしょうね。

大いに盛り上げていってほしいものです。

f:id:altokoubou:20170705235714j:plain

顔出しもしっかりと用意されています。

f:id:altokoubou:20170705235836j:plain

奥の細道むすびの地記念館|大垣・西美濃観光ポータル「水都旅(すいとりっぷ)」

入ってみたかったけど、閉館時間を過ぎていて残念。

記念館の前の川には屋形船が係留されていました。

f:id:altokoubou:20170706000111j:plain

自作の俳句を投句する設備が用意されています。

f:id:altokoubou:20170706000253j:plain

大垣市民にとって俳句とはそれほど身近なものなのでしょうか?

f:id:altokoubou:20170706000347j:plain

しばしの浮世離れした時間を過ごしました。

早よホテルに戻ってお風呂に入ろ!

8階が大浴場です。

f:id:altokoubou:20170706000641j:plain

Macbookと吉本新喜劇

Macbookが・・・。

愛用のMacbookが突然昇天しました。

普段通りに使っているとキーボードの左の方から「ジーッ」と

音が鳴り始め、なんかノイズかな?と思ってボリュームを絞っても音は消えず、そのうちに「プチッ」と電源が落ち、そのまま天に召されてしまいました。人工呼吸も心臓マッサージも甲斐なくそれっきり。

 

新潟県のスタバでどやらーをしてた頃、在りし日のMacbook

f:id:altokoubou:20170703224938j:plain

すぐにappleのサポートに電話をしました。

預かって修理をするしかないとのこと。標準の修理代はなんと¥68,000!

なんでそんなに高い!

スティーブ・ジョブスの13回忌の法事の仕出し料理を一品増やそうとしているなと直感しました。

それなら仕方がないかな。ジョブスあってのMacbookなので。

開けてみた状況により、これよりも安くなる可能性もあるらしく。

大阪心斎橋にあるAppleshopに修理に持っていくことになりましたが、いちいち予約をとらないければならないと。

 あ  ~  面 倒 く さ い !  

でもまあ仕方がない。日曜日の13時45分が空いているので予約をしました。

どうせミナミに行くなら道頓堀あたりをブラブラしようかな?と日曜日の昼前から出発。

暑い中、Appleshopに到着。

f:id:altokoubou:20170703231817j:plain

店内に入ってみると大勢の人が熱心にMac製品を見ています。

修理のカウンターにもぎっしりと人が座っていました。

こんなに人が多いなら予約しないといけないことも、むべなるかな。

店員さんがプロの技で蘇生術を施してくれたたけど、やっぱりだめ。

しかし!よくしらべるとこのMabookは買ったときに保証を3年間に延長していたことが分かりました!! 覚えてなかったけど。

ということで修理代は無料になることに。

ジョブス家の親族一同から法事の料理がショボい!と文句が出ることは間違いなしになりましたが。

道頓堀から難波

修理代が助かって気持ちも軽く、ミナミを散策へ。

f:id:altokoubou:20170703233818j:plain

この辺に仕事先がある人は別として、ネイティブの大阪人はあんまり行くことはないのではないでしょうか?

どこでも観光地には地元のひとは行かないもので。

自分もこの辺りは御堂筋を車で通過するのみで、あんまり中まで入っていったことはありません。

この猥雑さ。夜はもっとエグイでしょうね。

f:id:altokoubou:20170704001320j:plain

おなじみ「かに道楽」本店

f:id:altokoubou:20170703222502j:plain

キダ・タローさん作曲のコマーシャルソングが頭に中に響きます。

キダ・タロー=なにわのモーツァルト

ということはモーツァルトはウイーンのキダ・タローと謂われているのか?

f:id:altokoubou:20170703234711j:plain

くいだおれ太郎も健在でした。

f:id:altokoubou:20170703234840j:plain

京の着倒れ・大阪の食い倒れ。

食堂ビル「くいだおれ」の閉店に伴い、撤去されたと思っていましたが人形だけ残っていました。

f:id:altokoubou:20170703234924j:plain

道頓堀川を上り下りする「とんぼりリバークルーズ」

f:id:altokoubou:20170703223250j:plain

暑い中ガイドさんと共に賑やかにしていました。

www.ipponmatsu.co.jp

約20分間のミニクルーズで大人900円 子供400円となっています。

戎橋には大阪万博2025の提灯が。

f:id:altokoubou:20170703222526j:plain

2008大阪オリンピックは見事にコケましたが、これはどうでしょうかね。

川に飛び込むアホが多いために飛び込み防止の柵ができていました。

f:id:altokoubou:20170704001553j:plain

グリコ!

f:id:altokoubou:20170703222813j:plain

なんばグランド花月

ついでに難波まで足を延ばします。

南海通商店街には吉本新喜劇の新しい座長に就任した「酒井藍」の大きな垂れ幕が。

これにはびっくり。街ごと吉本興業なのですね。

f:id:altokoubou:20170703222350j:plain

www.yoshimoto.co.jp

場所は難波駅からほど近くにあります。

f:id:altokoubou:20170704003431p:plain

昔のなんば花月です。

f:id:altokoubou:20170703222146j:plain

なんばグランド花月へようこそ!

f:id:altokoubou:20170704010257j:plain

出演者の一覧があります。

f:id:altokoubou:20170703222121j:plain

入場料金は¥4,700-

漫才・落語・新喜劇と盛りだくさんで、高くはないと思いますよ。

f:id:altokoubou:20170704003205j:plain

よく似ている。

f:id:altokoubou:20170704002549j:plain

以前にはうめだ花月もあり、それぞれオープニングの曲が違っていました。

なんば花月は今でも「フンワカフンワ・フンワカフンワ~」といアレです。

ヴィンテージ・ジャズの「Somebody Stole My Gal」という曲です。

なんでも失恋の悲しみを表現した曲だとか

     ど こ が や ね ん ! ! 

ところがうめだ花月は。

「生産性向上のためのBG音楽 工場向け第一集その5」

違います。土曜日に学校から帰ってきてお昼ご飯を食べながら聞く曲です。

花月のすぐ横にたこ焼き「わなか」

たこ焼きはどこでも旨いですが、おそらくココが大阪で一番旨い。

f:id:altokoubou:20170704005901j:plain

たよし・行くよし・味よし・たよし

f:id:altokoubou:20170703222412j:plain

今回はコテコテの大阪レポートでした!

出張先トレーニング 〜谷汲山 華厳寺〜

出張こそトレーニングタイム

今週は月曜日から一週間岐阜県に出張で、しっかり自転車を持っていきました。

出張先では仕事が終わるとあとはフリータイム。ロードトレーニングの時間を十分に確保することができます。

しかも今年は空梅雨が続いている!

昼間に雨が降っても夕方には晴れ間が。という日がよくありました。

という訳で、毎日夕方から大垣の街を駆け巡りまくり!

月曜日から金曜日まで、毎日トレーニングをすることができました。

おかげで出っ張り気味であったお腹も急速に引っ込み、体重も4kgは落ちました。

最終日の金曜日のコースは谷汲山 華厳寺まで。

西国三十三ヶ所満願のお寺。

以前に行って時に桜並木がきれいだったので、距離もちょうど手頃なために、また行くことにしました。

www.kegonji.or.jp

華厳寺までロードトレーニング

大垣駅前のビジネスホテル「グッディ大垣」をスタート。

自転車はホテルの部屋の中に置くと狭くてどうしようもなくなるので、社用車に収納しています。

f:id:altokoubou:20170701205731j:plain

コースは大垣市内から池田町を抜けて揖斐川町に入り、山の中へ。

f:id:altokoubou:20170701210248p:plain

採石場の引込み線、廃線跡の草むしたトンネルがありました。

f:id:altokoubou:20170701205545j:plain

途中に揖斐川を渡りトンネルを抜けて、風情のある古い町並みの街道を通ります。

登り坂がほとんどないために、トレーニングの強度を上げるために平地のスピード域をできるだけ上げて走るようにしました。

人気のない田舎道を一人で疾走する快感! ええ気持ちやあ〜!

f:id:altokoubou:20170701205657j:plain

華厳寺に到着。僅かに25km・1時間ほど。

Ave.25km/hでは遅いなあ・・・。

f:id:altokoubou:20170701205825j:plain

山門まで延々と桜並木が続きます。

f:id:altokoubou:20170701205639j:plain

八丁半? 一丁が約109mなので、109 × 8.5 ≒ 926m。

ほぼ1kmのお花見街道となります。満開の頃はきれいやろな〜。

f:id:altokoubou:20170701205621j:plain

平日の夕方。誰もいなくて辺りは静まり返っています。

いい感じ。

f:id:altokoubou:20170701212829j:plain

約1km・歩くとちょっとした距離ですが、自転車ならすぐに山門に到着。

f:id:altokoubou:20170701205601j:plain

山門の両側に大きなわらじが奉納されていました。

f:id:altokoubou:20170701205753j:plain

本来は巡礼の人々が個人的に奉納するものであるはずが、これは村の観光協会が奉納したもので観光目当て?

f:id:altokoubou:20170701205809j:plain

大汗をかく気持ちよさ

この日は梅雨のやみ間、濃密な湿気の中を大汗をかいて走りました。

前回このコースを走った時は寒い寒い真っ暗な真冬の夜で、当然ながら長袖・長パンを着込んで指先・つま先を凍らせて震えながら登っていました。

今日は同じコースを半袖・短パンで、大汗で暑さに喘ぎながら走るという、このすごい季節感の違い!

スポーツに限らず、アウトドア全般というものは季節を感じられてとてもいいものです。

全身から汗を噴き出して自転車で山を登る気持ちよさ。

体内の不要なものを全て出し切ったような感覚になります。

戦線復帰を目指して

木工製作やネットショップの運営など多忙で、もう一年以上レースに出場どころか自転車に満足に乗れていない日々が続いていました。

  これではいけない!!

最近はレースでの50歳以上の部の勢力地図が大きく塗り替えられていて、自分の領土はいつの間にかことごとく奪われてしまったようです。

これは放っておく訳にはいかない!

失われた領土を取り返すためには月に1000km以上走り込むしかない!

 

戦線復帰を目指してトレーニングを再開します。

飛行機撮影 千里川堤防-2

2度目のチャレンジ

f:id:altokoubou:20170630165310p:plain

大阪国際空港そばの千里川堤防にまた飛行機の撮影に行きました。

前回はスクーターで行ってどえりゃあ疲れたので、今度は車に機材を積み込んで嫁さんと二人で。

現場周辺の駐車場の場所を確認すると以前の情報から1ヶ所増えて、2ヶ所になっていました。

f:id:altokoubou:20170630222718p:plain

近隣の駐車場は満杯

2ヶ所とも撮影ポイントまでは400mくらいととても近い!

と言うことは、土曜日の夕方なのでおそらく空いてないやろうな〜と予想。

行ってみると。案の定、両方とも「満車」

ゲートで待っていれば空くかな?とも思いましたが、これから夜景撮影のために準備をする時間なので、望み薄か?と他を探すことにしました。

少し走り回り、阪神高速池田線の高架下の道路脇に発見!!

名鉄協商P原田中1丁目駐車場

f:id:altokoubou:20170630223304p:plain

上記2ヶ所に比べると少し遠いけど、十分に歩ける距離、約700mm

多くの撮影機材を運ぶなら台車などが必要になりますが、自分は望遠レンズと三脚だけなのでリュックサックで事足ります。

現場入りする前から頭上を旅客機が轟音をたてて通過して行きます。

そういえばこの辺りは飛行機の窓からいつも見ている着陸コース。

「やっと出張から帰ってこれた〜」とホッとして、下界の方々は騒音でお気の毒に。と思いながら工場地帯を眺めてるところでした。

大勢のギャラリー

土曜日の夕方ということで、予想通り多くの人で賑わっています。

f:id:altokoubou:20170630225714j:plain

ハイエンドモデルの砲列。

飛行機を見るのと同じくらいに楽しみなのが、高級なカメラたちを眺めること。

f:id:altokoubou:20170630225930j:plain

期待に違わず、スーパーマシンが並んでいました。

こんなレンズはビックカメラ名古屋駅前店」でした見たことがない!

 

ここ千里川の観覧ポイントは2ヶ所あります。

f:id:altokoubou:20170630230703p:plain

堤防道路の滑走路側と対岸側。

対岸側の方が少し高くなっており、滑走路をより見渡せるような気がします。

今回も対岸側から。

反対側に回るには堤防道路の両側にある橋を渡るので、ちょっと大変。

 

いい具合に夕焼けになってきました。

f:id:altokoubou:20170630231727j:plain

 飛行機の下面に映る夕日がきれい。

f:id:altokoubou:20170630232022j:plain

夕焼けの中を着陸。

f:id:altokoubou:20170630232056j:plain

 シルエットになりました。

f:id:altokoubou:20170630232457j:plain

日が暮れて寒くなってきたのに、ギャラリーは減るどころか、いつの間にか大賑わい。

夕日がきれいな土曜日というのも案外少ないかも知れませんね。

すっかりハマってしまって。 また行きます。

セミナーを始めました!

整理収納アドバイザー

我が家(NAGAI亭)でセミナーを開催するようになりました。

自宅をリフォームをした目的の一つに、こういった集まりを開きたい!

ということもあり、今回実現した次第です。

第1回目はもう終了しましたが、「整理収納アドバイザー」の講師による

冷蔵庫収納法というもの。

f:id:altokoubou:20170629223012j:plain

・野菜類など新しいものは奥に収納、一部でも見えていることが大事。

・使用頻度の高いもの、賞味期限の早いものを置く「ゴールデンゾーン」を意識する。

などなど、パワーポイントを駆使して説明されていました。

f:id:altokoubou:20170629231450j:plain

終了後に「フーレセラピー」の体験会もあり、身体をほぐしてもらってあとはティーパーティー。

 

講師の雅さんのブログです。

ameblo.jp

 フーレセラピスト

第1回目はおかげさまで好評で、当日参加できなかった方から次の開催の要望をいただくほど。

第2回目は「身体を知ろう」と題して開催します。

f:id:altokoubou:20170629223014j:plain

講師に「フーレセラピスト」をお招きしてのセミナーです。

日 時:平成29年7月19日(水)13:00〜

場 所:大阪府茨木市のNAGAI亭

受講費:1,200円

決して広くない我が家なので、定員は7名とさせていただきます。

参加希望の方はnagaicyty@gmail.comにメールをお願いします。

読者・購読・フォロー