スポンサードリンク

アナログ時計付き スパイスラック

 

小さなアナログ時計が付いた スパイスラック

 

オーダーを頂いて木工製品のスパイスラックを製作しました。

f:id:altokoubou:20180116170911j:plain

 

いろんな形のスパイスラックが世の中にはありますが、時計付きは他には無いと思います。

キッチンワークがはかどる!

f:id:altokoubou:20180116170914j:plain

 

ちいさな扉に時計を付けました。

扉の中にはちょっとした物を収納できます。

定番のキッチンペーパーホルダーももちろん装備。

f:id:altokoubou:20180116170925j:plain

 

色も形もお好みで製作。

 

本体の白色と側面の赤色はこちらのキッチンの色と合わせました。

製作サイズも置く場所に合わせて。

f:id:altokoubou:20180116170918j:plain

 

側面にはフックも付いています。

f:id:altokoubou:20180116170921j:plain

 

天板部分にもスペースがあるので、十分な収納力です!

この形であればスパイスラックだけではなく、カップボードとしても使えそう。

f:id:altokoubou:20180116170929j:plain

 

ご希望があればキッチンに合わせて製作させていただきます。

色もサイズもキッチンにピッタリで作りますよ!

 

木工舎 あると工房

 

 

3回目の香港ツアー 現地は夏日なり! その⑤ ~ 次のカオス 旺角から帰りのトラブルへ編 ~

 

ヒルサイド・エスカレーター

香港島は傾斜が多い地形で、お金持ちの多くが山の手に住んでいます。

高額納税者を優遇するのはいずこも同じで、その方たちの為にエスカレーターが作られました。

当初は「金持ち優遇!」と批判されながらも、今ではすっかり庶民の足。

高低差135m・全長800mを合計23基のエスカレーターで約23分かけて乗り継ぐこの長さは、世界一とのこと。

初めて香港に来たときはツアーに組み込まれていて乗ってはいます。そのときの印象は薄く、800mをずっと1本のエスカレーターで上がっていったように思っていました。(いい加減な記憶)

実際はそうではなく、23基も乗り継いでいたとは! 

 

香港映画の「恋する惑星」で何度も出てきます。

cragycloud.com

 アマゾンで思わずDVDをポッチッ! 何回も見てしまった。

 

地下鉄・中環駅 D1出口を出て右側に。100QRCというビルが見えてくると中に入り、エスカレーターで2階へ。

登頂開始!

f:id:altokoubou:20171222093213j:plain

 

時間により運行の方向が変わり、朝の通勤時間は下り方向・10時からは上りとなります。

6:00~10:00:下り
10:00~0:00:上り

0:00から6:00は止まっているんかな?

 

ちょっと雰囲気の違う街並みが見えます。

やっぱりお金持ちの街か?

f:id:altokoubou:20171222094909j:plain

 

一旦歩いて次のエスカレーターへ。

f:id:altokoubou:20171222094956j:plain

 

おしゃれなカフェがいくつも。

f:id:altokoubou:20171222095100j:plain

 

平日の昼間なので空いている。おいしいコーヒーをゆっくり味わえそう

f:id:altokoubou:20171222095314j:plain

 

一旦車道を渡り、次へ。

健康のために歩く人もいるようです

f:id:altokoubou:20171222100300j:plain

 

次はこんなバーで昼から飲みながらエスカレーターを眺めるのも悪くないな!

f:id:altokoubou:20171222100522j:plain

 

降りては歩き、まだまだ続く。

f:id:altokoubou:20171222100627j:plain

 

途中にあったスーパーで飲料水を補給します。

甘いお菓子なんかもちょっと買っていました。

f:id:altokoubou:20171222100746j:plain

 

ホントに坂が多い! エスカレーターが無ければしんどい街でしょうね。

f:id:altokoubou:20171222100929j:plain

 

太子台。

他とはずいぶん趣が違い、奥にはモスクがあります。

19世紀に建てられたモスクで、香港のイスラム教コミニュティは22万人もいるとのこと。

f:id:altokoubou:20171222101141j:plain

 

行ってみたかった「SOHO」の街。

Small Office Home Office という意味ではなく、「蘇豪」の読み方がソーホーでした。

これはホテル。いい場所に有るもんです。

f:id:altokoubou:20171222102659j:plain

 

ちょうど昼時であったので、何を食べようか?

こぎれいなピザ屋さんがあり店内を見ていると、そこのおやぢが出きて、「入れ入れ!」

おいしくなかったらお代はイラナイヨ! その言葉につられて中へ。

ほんまかいな?

UNCLE PIZZA

 

f:id:altokoubou:20171222103924j:plain

 

から揚げが出てきて。

f:id:altokoubou:20171222104405j:plain

 

それぞれパスタ。

このお皿は底が深く、結構な量が入っていました。

味は・・・。うまかった。

f:id:altokoubou:20171222104502j:plain

 

Chanのおやぢに「うまかったよ!」

窓におやぢがピザを焼いている写真が貼ってあり「It's Handsome 」やかましい!

f:id:altokoubou:20171222104643j:plain

 

この辺りから上は「ミッドレベル」といってが付く高級住宅地になります。

マンションでも数十億円が普通らしい。

 

カフェも他とはちょっと違うような雰囲気。

f:id:altokoubou:20171222105520j:plain

 

次回はこの辺りの散策がメインになるかな?

エスカレーター沿いのカフェはどこも白人が多くいました。

旧宗主国民はやはりいいところに居を構えているのでしょう。

f:id:altokoubou:20171222105542j:plain

 

気温が高いので、のれんも無い。

テラス席で風に吹かれていたら気持ちええやろうな~。

f:id:altokoubou:20171222105737j:plain

 

上りきったところはなんでもない普通の高級住宅地。

特に見るものもないので、すぐに降りることに。

長い距離を上がってきたので、下りはしんどいかな?と思ったけど、そうでもなく下りなので楽に降りることができました。

 

降りるにつれてどんどん庶民的に。

f:id:altokoubou:20171222110735j:plain

 

現代の魔境・重慶大厦(チョンキンマンション)

九龍城砦なきあとの魔境として有名。

ではありますが、以前よりはるかに治安がよくなったそうで、魔境とは呼べなくなりました。

内部は無数の安宿が密集しているところと両替商・カレー屋さん・アフリカ料理店、電気屋さんなどなんでもあり。

カレー屋さんは旨くて有名。

f:id:altokoubou:20171222112217j:plain

 

アジア系のおっさんがたむろしており、ちょっと異様な雰囲気。

中に入ると両替商が多くあります。

入り口から奥に行く方がレートがいいとか。

 

正面からカメラを向けるとちょっとあぶないので、隠し撮りのようにしてファインダーを覗くことなく撮影。

ちゃんとカメラの合焦音「ピッ」を聞いてからシャッターを切ったつもりが、ピントが合っていなくてボケまくり。残念でした。

f:id:altokoubou:20171222113241j:plain

 

両替商が軒を連ねる

f:id:altokoubou:20171222113811j:plain

 

f:id:altokoubou:20171222113832j:plain

 

f:id:altokoubou:20171222114348j:plain

 

いろんなホテルが入っています。

やはりバックパッカーの聖地だけあり、ゲストハウスが多い。

f:id:altokoubou:20171222114434j:plain

 

食料品店もあり。

f:id:altokoubou:20171222114507j:plain

その他、実に様々なお店があり、ここの中のホテルに泊まるとビルの中だけでもいろいろ楽しめそう。

 

重慶大厦をでてまた露店へ

油麻地の天后廟南側の一角に、占いのテントが軒を並べる占い横丁があります。

f:id:altokoubou:20171222131347j:plain

 

香港らしく文鳥占いといったものもあるとか。どうやって占うのかな?

面白そう。

まだ時間が早いのか、どこもあまり客は入っていなかった。

f:id:altokoubou:20171222131435j:plain

 

冷徹斎星月

f:id:altokoubou:20171222161618j:plain

 

 

招き猫ならまかせとけ!

金ぴか。買えばよかった・・・。

f:id:altokoubou:20171222131715j:plain

 

家が広かったらこんなものを置いてみたいな!

いかにも大陸的なおおらかさ、ではあるけど誰が買うんやろ?

f:id:altokoubou:20171222131843j:plain

 

充電ケーブルの専門店。

ライトニングはアップルの正規品の10分の1以下の価格。

アリババとおなじくらいかな?

f:id:altokoubou:20171222132048j:plain

 

ザ・ペニンシュラ香港

日本の占領時は「東亜ホテル」と改名された東洋一のホテル。

空港からの送迎はイギリスらしく「ロールスロイス・ファントムV」またはヘリコプターで行う。

でも1泊はびっくりするほど高くはなく、8万円くらいから。

f:id:altokoubou:20171222134502j:plain

手前のコの字型の建物は戦前からのオリジナルで、後方の高層は新館のペニンシュラタワー。

啓徳空港が無くなり、高さ制限が廃止されたので九龍半島には高層ビルが一気に増えたようです。

クリスマスのイルミがきれいでした。

いつかビッグになってここに泊まってやる! (いつのことやねん。)

 

今日も丸々一日、元気に歩き回り。

自分はともかく、あとの3人は女性。朝から晩まで歩いてい歩いて、よく体力が続くものです。

香港の溢れんばかりのパワーを貰って最強になったかな?

明日はいよいよお帰りなので、朝一番から次の混沌・旺角へ行きます。

 

最終日のカオス・旺角  ここに行かないと帰れない!

朝ホテルをでるとディズニーランドへ行くらしい家族連れが。

f:id:altokoubou:20171222135809j:plain

 

 かわいいね!

f:id:altokoubou:20171222135827j:plain

三輪車があるということはこのビルの住人でしょうか?  

 

車どおりの多い幹線道路においてある自転車に仏さんの掛け軸が高らかに掲げられている。

朝からコレを拝み、交通安全に励みなさいという意味か?

CDから吊り下げているところがおしゃれ! ナンマイダー。。

f:id:altokoubou:20171222140218j:plain

 

スターバックスで今日の作戦会議。

ここでスターフェリーとトラムのマグカップを買いましたよ。

f:id:altokoubou:20171222140423j:plain

 

ウチには各地のスタバのマグカップが溢れていることよ。

f:id:altokoubou:20171221000732j:plain

 

この時期に飲むならやっぱりクリスマスブレンド

お味は日本と微妙に違う。ちょっと酸味が強いかな。(いい加減)

平日の朝からスタバというのがなんともいい感じ。

f:id:altokoubou:20171222140518j:plain

 

北角の次に好きな混沌の街「旺角・Mong kok」

f:id:altokoubou:20171222162438j:plain

 

金魚街があります。

f:id:altokoubou:20171222140825j:plain

 

これだけ吊るしているということはそれだけの需要があるということなんですね。

いつもお客さんが品定めをしてる。

f:id:altokoubou:20171222140842j:plain

 

お正月向けにポチ袋を。

赤や黄色。まことにおめでたい色をしています。

このごろはお年玉をあげる相手も少なくなりました。

f:id:altokoubou:20171222141105j:plain

 

このワクワクするような露店の群れ。

f:id:altokoubou:20171222141220j:plain

 

電池を買うならここ! 乾電池専門店。充電電池もあるよ。

f:id:altokoubou:20171222142056j:plain

 

電気店になぜか自転車のサドルが。

更に奥の方にはヘルメットやタイヤなど、立派な自転車店でもありました。

f:id:altokoubou:20171222142221j:plain

 

リモコンを買うならココ!

テレビやエアコンなどのリモコンを専門に大量に売っています。

そんな店がいくつもあり。やっていけるのか?

f:id:altokoubou:20171222142458j:plain

 

各種の光るケーブル屋さん。

きれいに光っています。

ここも観光客よりも地元の方のほうが多いようです。電化製品はこの辺りに買いに来るのかな?

f:id:altokoubou:20171222142925j:plain

この露店でMac book用にtype-Cのリール式充電ケーブルを買いました。

光ることはわかっていたけど、家に持って帰り電源につなぐと。 

USBのコネクター部がビッッカー

ちょっと使えないようなものすごいひかりかたをしとる!

わかってはいたけど室内ではこんな有様とは。

まあ香港の思い出としていいかな。

 

旺角の駅前

平日の昼間からこんなに多くの人が。観光地はどこもこんなもんか。

心斎橋筋商店街もしかり。

f:id:altokoubou:20171222145013j:plain

 

LLCの醍醐味・関空行きの便が遅れている

楽しかった香港ツアーもあっという間に終わり。

今から飛行場に向かいます。

しかし! 今夜の関西空港行きの便に遅れが発生しているとの情報が。

16時30分発の予定が、17時になると。どうなるかな?

空港には当初の時間通りに着いて夕食とお土産。

 

晩御飯はお気に入りのどこにでもある「大家楽」

もちろん空港にもあります。

f:id:altokoubou:20171222151953j:plain

 

香港人は「出前一丁」が大好きであるようで国民食となっており、今日はラーメン定食。

どんな味かな?

f:id:altokoubou:20171222145944j:plain

 

パンとコーヒーと卵にラーメン。

f:id:altokoubou:20171222145940j:plain

普通の出前一丁とはずいぶん違う味でした。

こちらのスーパーでは10種類ほどの出前一丁が販売されています。

香港人向けの味付けなので、ちょっと自分には合わない味でした。

 

関西空港での野宿は最強!

結局飛行機は遅れて19時30分ごろ出発しました。

この時点で関西空港での泊りが確定。

到着したのは午前1時。23時に到着の予定が3時間の遅れ。

当然電車はなく、大阪の梅田まで行くバスはあるけれどもそこからはタクシーしかない。

f:id:altokoubou:20171222153633j:plain

 

結局朝まで空港で過ごすことにしました。

ここでピーチの予約時に支払った、

関西国際空港 国際線 旅客サービス施設使用料 1,230円」が生きてきました。

国際線第1ターミナル内には仮眠をする場所があり、管理する人もいて毛布を無料で貸してくれる!

このために1,230円を払ったのでありました。

 

第1ターミナルのエアロプラザ内。

この場所があるのは知っていました。

昼間は単なる待合室くらいにしか思っていなかったけど、夜は仮眠する人でいっぱい。

24時間管理人が常駐で安心、エアコンも完備。WiFiも飛んでいて電源もあり。

近くにはトイレもコンビにもあって有料ながらシャワーもOK。

f:id:altokoubou:20171222150950j:plain

いつもここで寝ているといった風情のおっちゃんが親切にいろいろと教えてくれました。(普段はなにをしているのですか・小声)

もうすぐ中国人でいっぱいになるので、自分のスペースは広く取ったほうがいいとか、隣の建物に行けば毛布を貸してくれるとか。

おかげ快適に始発電車の時間までぐっすりと眠ることができました。

12月の寒空に暖かいところがあって助かった。

 

普通ではできない経験で、またひとつ無駄知識が増えてよかったかな?

こんなトラブルがピーチのLCCの醍醐味である、と関西空港に勤めている娘婿のしょう君に教えてもらいました。

たしかにこのリスクがLCCの面白いところでしょう。

 

これほどの快適な空間が無料であるのなら、早朝便に乗るときは最終電車で到着してここで仮眠もありかな?と思いましたよ。

カプセルホテルのようなところもあり、1,500円で一晩利用できます。

さすがは国際空港。

アジアのハブ空港になろうとしてコケましたが。

 

翌日は空港からそのまま出勤してもよかったのですが、財布から免許証から全部家に置いて来たので、とりあえず家まで戻り1時間ほどの遅刻で出勤しました。

自分を含む総勢四人の皆さん。今回の旅行は大変にお疲れさまでした。

全然懲りていない

2泊3日・3回目の香港旅行は波乱の幕引きで終わり。

3回も行ったらもういいかな?となるかと思いきや、こうして書いているうちに あそこも行きたかった・ここも行きたかった・・・と。

既に次のピーチ便をひそかに探しています。

一緒にいったYさんも「ぜひまた行きたい!」と言ってくれています。

よっしゃあ!また行くで~!

また4人の珍道中で。

 

異様に長い5部作を飽きずに読んで頂き、まことにありがとうございました。

書きたいことはまだまだあるので、思いついたら内容をアップデートしています。

 

香港に行こうかな、と考えている方は旅行の案内としても暇があったら覗いてみていただけると嬉しいですね。

 

では。 ここまで4887文字で終了。

3回目の香港ツアー 現地は夏日なり! その④ ~ 感動の夜景からカオスへ編 ~

 

ピークトラム山麓駅から30分で山頂へ

 

運よくピークトラムの大行列に並ぶことなく、麓の駅に着いてから山頂の展望台までなんと30分で到達しました。

頂上からは予想通りの息を呑むような美しい夜景。

しかし! 展望台は人で鈴なり。

手すりの一番前でなければいい写真を取ることはできない。

しばらく人ごみの中をウロウロしていると、ちょうど一番前が空いた!

しかもかなり展望のいい場所。

 

手すりのもたれかかってカメラを構えました。

100万ドル(1億1,258万円・12/20付)とはよく言ったものです。

この100万ドルという言葉。これは神戸が発祥とのこと。

昭和28年に関西電力の幹部が、兵庫県の六甲山頂から見渡す明かりを1ヶ月の電気代に換算すると当時の為替レートで約100万ドルになったそう。

昭和24年から円相場は1ドルは360円であったので、円に換算すると3億6,000万円・・・。

一日あたりは1,200万円・・・。

 

露出や絞り、シャッター速度・ISO感度・ホワイトバランスなど色々といじくって100枚以上撮って撮って撮りまくり!

展望台の片隅でじっと長時間撮影に専念していたので、他の3人からは行方不明になってしまい探されていたようです。

 

思う存分撮った夜景!

月が出ていました。

f:id:altokoubou:20171219163751j:plain

この時期は湿度が低く空気も澄んでいて、夜景を堪能するには一番いいころのようです。

 

高層アパートに手が届きそう。

ズームレンズがあれば室内まで見通せそうな距離。

f:id:altokoubou:20171219164520j:plain

 

ホワイトバランス:オート

f:id:altokoubou:20171219164713j:plain

 

ホワイトバランス:白熱蛍光灯

ずいぶん違います。

f:id:altokoubou:20171219164801j:plain

 

シンフォニーオブライツが始まった!

上から見ることができるとは、なんという幸運。

f:id:altokoubou:20171219164900j:plain

 

さすがに音楽は聞こえてこないものの、山頂から見下ろすレーザービームは実に幻想的でした。

f:id:altokoubou:20171219165045j:plain

 

香港で一番ののっぽビル「環球貿易広場ビル」484m 118階!

HONG KONGの文字が。

f:id:altokoubou:20171219165344j:plain

 

漢字でも。

f:id:altokoubou:20171219165510j:plain

 

下界にいるときに見上げた二つのビル。

f:id:altokoubou:20171219163612j:plain

 

観光案内のプロが撮った写真には遠く及ばないけど、My best shot!

f:id:altokoubou:20171219165629j:plain

 

海と夜景はよく似合う。

神戸の六甲山も大阪湾に映える夜景。ここに負けないくらいきれいですよ。

f:id:altokoubou:20171219165916j:plain

 

こんな高層アパートの住人はどんな富裕層なのか。

分譲価格は億を大きく超えています。

f:id:altokoubou:20171219170027j:plain

 

元祖!! 100万ドルの夜景

神戸・六甲山山頂から。香港よりも平面的に広がっています。

f:id:altokoubou:20180117162905j:plain

 

十分に満足した模様

SDカードが満杯になるまで撮っていたいけど、あとの3人さんをずいぶん待たせているような気がしてきて、撮影会は今日はこれくらいにしといたら!

寒くもなってきたので、撮影に十分満足してベストポジションを離れました。

すぐに誰かが代わりに手すりに取り付いた。

さすがに12月。昼間は夏日で快適なのに、9時ごろになるとすっかり冷えて来ました。

 

くだりのトラムの駅はピークタワーを降りて一旦外に出たところ。

場所がわからずあちこち探しました。

くだりも大混雑!と聞いていたけど、それほどでもなくちょっと待ってトラムに乗り込む。

f:id:altokoubou:20171219172154j:plain

 

この索線がまさに命綱。

登り・下りで1本のワイヤーが旋回しているようです。

ということは延長3000mほどもある長いワイヤーがぐるぐる回っているのかな?

f:id:altokoubou:20171219172327j:plain

 

麓の駅に降りてきたのは午後9時過ぎ。

のぼり側ホームを見ると、トラムを待っている乗客はまばらでした。

21時を過ぎれば並ぶことなくピークトラムに乗ることができるのか?

そうであれば営業時間は24時までなので、21時頃から登り始めてもゆっくり夜景を楽しむことができると思います。

 

夕食はなにかわからない丼。歩き回って腹が減っていたのでとりあえずおいしかった。

f:id:altokoubou:20171219173040j:plain

 

今日もずいぶんと歩き回ってちょっとお疲れ。

お宿に入ってすぐに爆睡してしまいました。

 

地元民になって朝ごはん

朝は普通の観光客ならまず入らない、大衆食堂「大家楽・Cafe de coral」

店舗はあちこちにあり、地元のおっちゃん・おばちゃんに混じって朝ごはん。

出勤前のサラリーマンも多くいました。

f:id:altokoubou:20171219234012j:plain

 

焼きそばとたまご焼き、スープに甘いコーヒーが付いて400円ほど。

注文するときは大きなメニューの看板にある番号を伝えるだけなので、簡単。

支払いはやっぱりオクトパスカードでこれまた簡単。

f:id:altokoubou:20171219234146j:plain

 

f:id:altokoubou:20171219234157j:plain

 

パート(であろう)のおばさんたちはとても手際よくオーダーを捌いていきます。

大声で話しながら。

f:id:altokoubou:20171219235245j:plain

 

香港人の素顔を観察しながら朝ごはん。とても楽しい!

観察した結果。顔立ちは少し違うものの、特に騒いだりもせず席は譲り合って座り、食べ方が汚いわけでもない。その行動は日本人と何も変わらないという事がわかりました。

そんな親しみが持てることも香港が好きな理由かも知れません。

f:id:altokoubou:20171219235137j:plain

 

昨日までに行きたい所・ビッグ2(オープントップトラム・ビクトリアピーク)を制覇して一安心。

 

今日は香港で一番のカオス・北角(North Point)に行きます。

九龍公園を抜けて地下鉄の駅へ。

f:id:altokoubou:20171220085659j:plain

 

土地が狭い香港によくこれだけの大きな公園を作れたもの。

イギリスが占領しているときに軍事施設があったところです。

ビクトリアハーバーに睨みをきかせていたとのこと。

f:id:altokoubou:20171220085715j:plain

 

いかにも南国らしい木。

熔樹(バンヤン)という名前だとか。

f:id:altokoubou:20171220090230j:plain

 

 この池にはフラミンゴがいました。

f:id:altokoubou:20171220090306j:plain

 

公園のすぐ横まで高層アパートが迫る!

f:id:altokoubou:20171220090435j:plain

 

北角・North Pointはやっぱりカオス!

 

今日は普通のトラムに乗って香港で一番面白いところ「北角」に行きます。

f:id:altokoubou:20171220142913j:plain

 

北角行きのトラムに乗って終点。

そこには春秧街(Chun Yeung Street)の露店市場の入口があり、活気のある生鮮食品などを売っている露店商が並びます。

f:id:altokoubou:20171220144414j:plain

 

春秧街に進入するトラムを2階席から動画撮影しました。

トラムの直前を平気で横切る人ばかりで笑ってしまう!

運転手は警鐘を鳴らし続け、挙句停車を余儀なくされる・・・。


香港トラム・北角 春秧街に突入

 

人ごみを掻き分けて進むトラム。

f:id:altokoubou:20171220144558j:plain

 

この北角は観光案内には必ず紹介されているのに、観光客らしい外国人は誰もいないようでした。

トラムが接近してきても、みんな見向きもしない。ということは地元民?

そんな中、自分ひとり嬉しがってカメラを向けていました。

もっときれいな観光地が他にいっぱいあるので、普通はこんなところに来ないか。

f:id:altokoubou:20171220144246j:plain

 R=50くらいの急カーブ。車輪を軋ませながらも難なく曲がって行く。

ホイールベースの短さがなせる業でしょう。

運転手にも色々あり、Ding Ding!とずっと警鐘を鳴らし続ける人もあれば、おとなしく停車して人が避けるのを待つ人も居ました。

 

前回、夏に来た時に気がついたことがあり。

トラムの前面・運転台側の下方に笑った口のような曲線が描かれています。

去年の2月にはなかったもの。

f:id:altokoubou:20171221230100j:plain

上の青いトラムの写真を見ればわかるように、後ろ側にはありません。

前後を区別するためのものなんかな?

 

スタバで買ったトラムのマグカップ

可愛くデザインされています。 これで飲むコーヒーはうまい!

f:id:altokoubou:20171221224755j:plain

 

通ったあとはこんなん。

f:id:altokoubou:20171220145215j:plain

 

衛生観念は何処へ?

豚足がこんな有様で売られている。これは無理。

出汁をとるためか?

f:id:altokoubou:20171220145351j:plain

 

なま肉も吊るしで。

これはタレに漬けてじっくり焼いたらちょっと旨そう!f:id:altokoubou:20171220145738j:plain

 

今は冬なのでまだマシかもしれませんが、真夏の8月に来たときもこれとおんなじ状況。

衛生状態はどうなっている?

しっかり火を通したらいいんかな?

でもまあ買っている人が多くいるので、大丈夫なんでしょう。

 

ひっきりなしにトラムはやってきます。

全く気にする気配無し!

f:id:altokoubou:20171220145934j:plain

 

露店を一軒一軒じっくりと見て廻りました。

果物屋さんもあり。

実に庶民の街で、歩き回っていると地元民になった気分。ここだけでも十分香港を楽しめます。

f:id:altokoubou:20171220150459j:plain

 

なんとこんな街にホテルがありました。

M1 Hotel

次回は泊まってみたいもの。

f:id:altokoubou:20171220150555j:plain

 

香港の住宅事情

不動産屋さんがありました。窓一面に物件のチラシが貼ってある。

 

価格と思われるところにMの文字が。

$18Mというのは18メガということでしょう。

18にメガ=1,000,000を掛けると$18,000,000 = 約2億5,000万円 

 

普通の金額の表示もあり、$1,700萬 = 約2億3,000万円

チラシをよく見ると部屋の広さは表示されていません。

写真で見る限り、広さは70平米あるかどうかといったところ。

ここはまだ安いほうで、他の店では20億円くらいの物件がざらにありました。

やはり香港の中心部に住むということがステイタスシンボルなんでしょうね。

 き び し い ~ 。

f:id:altokoubou:20171220152051j:plain

 

スターフェリーにもちろん乗船!

これまた外すことができない、スターフェリー。

今回もしっかり乗りました。

メインルートである尖沙咀(チムサーチョイ)~中環(セントラル)間。所要時間は約6分。

料金は2階席が$2.2  1階席$1.7 トラムと同じ30円ほど。同じくオクトパスカードで乗船します。

f:id:altokoubou:20171220153627j:plain

 

スターバックスで買ったスターフェリーのマグカップ。まさにコレ!

「 渡 輪 」FERRY

f:id:altokoubou:20171221224748j:plain

 

船内では結婚式が行われたようでした。

なかなかの美男・美女かな?お幸せに!!

f:id:altokoubou:20171220153716j:plain

 

あっという間に九龍の尖沙咀(チムサーチョイ)港に到着

f:id:altokoubou:20171220153808j:plain

 

フェリーを降りたあたりで嫁さんが今夜見る予定のシンフォニーオブライツのいい観覧場所を探してくれていました。

この近くがベストポジションみたいです。

 

また運がいいことに観光ジャンク船「ダックリン号」が入港してきた!

f:id:altokoubou:20171220154206j:plain

 

これはビクトリア湾をクルーズするアクアルナ・クルーズで使用する船となっています。

f:id:altokoubou:20171220154446j:plain

 

アヘン戦争で活躍したジャンク船をイメージした帆船で湾内を周遊します。

大英帝国にボコボコにやられましたが。

f:id:altokoubou:20171220155613j:plain

乗ってみたい!

 

シンフォニー・オブ・ライツ

 

スターフェリーの乗り場である、尖沙咀のウォータフロントから見るのが一番!

ビクトリアハーバーの海沿いにあるプロムナードです。

MTR西鉄線・尖沙咀の駅をから出てすぐのところにあり、アクセスは良好。

午後8時から13分間ほどのレーザービームの饗宴が始まります。

始まる少し前に現場入りをしましたが、こちらも埠頭には人が鈴なり!

また一番前を探してウロウロしていると、空きがあった!

カメラをスタンバイ!!

 

開始前。期待が高まる!

f:id:altokoubou:20171220161943j:plain

 

始まった!!

f:id:altokoubou:20171220162017j:plain

 

音楽もよく聞こえる!

じつはこんなに多くの光は肉眼では見えていないのに、カメラの眼にはよく見えているようです。

f:id:altokoubou:20171220162105j:plain

 

制限時間は13分!

撮って撮って撮りまくる! 36枚どりのフィルムが何本要る事やら。

f:id:altokoubou:20171220162304j:plain

 

生きててよかった・・・。

長生きはするもんぢゃ。

f:id:altokoubou:20171220162409j:plain

 

フィナーレに向かって。

f:id:altokoubou:20171220162504j:plain

 

こんなんが毎日みられるとは。

毎日見ると有難みも無くなるかな?

f:id:altokoubou:20171220162544j:plain

 

終わった・・・。と思ったらダックリン号が登場!

まだ帰れない・また行方不明になった模様。

f:id:altokoubou:20171220162657j:plain

 

乗るよりも見るほうがきれいかも?

f:id:altokoubou:20171220162814j:plain

 

でもナイトクルーズは是非とも乗ってみたい。

f:id:altokoubou:20171220163340j:plain

 

港に入り、クルーズは終了。

f:id:altokoubou:20171220163759j:plain

 

バッタもん天国

帰りにまた露店を見に行きました。

これがやめられない!

 

JBLブルートゥース・スピーカー Charge-3の完全コピー。

ここまで似せてもいいものか?というほどの凄まじいコピー商品。

価格は$300- = 4,000円ほど。

本物なら16,000円くらいの価格なのにその4分の1。

f:id:altokoubou:20171220165138j:plain

 

シャレにはちょっといいかな?と思っていると、露店のおばちゃんが音を聞かせてくれました。

これがおばちゃんの失敗。

本物とは似ても似つかない、悪い音。ベース音がまったく出ていない!

絶対にいらない!と帰ろうとするとおばちゃんは腕を捕まえて、ツーハンドレット!

$200にするよ! タダでもいらない!と振り切りました。

その他にもロレックスはもちろん、いろんなバッタもんが溢れていてなんとも面白い!

 

このホテルカリフォルニアのLPレコードは本物かな?

f:id:altokoubou:20171220165340j:plain

 

服も色々と売っていて、地元と思われる方も多く買いに来ていました。観光客専門ということでも無いようです。

f:id:altokoubou:20171220165428j:plain

 

賑やかな、賑やかな香港の夜でした。

 

→ 次のカオス 旺角から帰りの大トラブル編へ続く

To be continued.

 

3回目の香港ツアー 現地は夏日なり! その③ 〜 香港の街に吸い込まれ編 〜

 

オープントップトラム

 

ホテルに荷物を置き、身軽になって香港の街へ吸い込まれに出発!

 

最初に香港にきた時から乗ってみたかった、トラムの屋根なし版

世界でも珍しい「2階建てオープントップ観光トラム」 | 香港政府観光局

1920年代の車両を復元したもの。

f:id:altokoubou:20171215220031j:plain

 

九龍半島のホテルから地下鉄・港島線に乗り上環駅へ。

駅からウエスタンマーケットの看板に従い10分ほど歩くと乗り場に到着。

 

約1時間の乗車時間で、各国語の音声案内があり2日間の通常トラムのフリーパスが付いています。

料金は約1,300円

運行時間:

エスタンマーケット(上環)発 = 10:30・14:30・18:30

コーズウェイベイ(銅鑼湾)発 = 11:40・15:45・19:55

あらかじめ予約が必要で、Tram Oramic Tourのサイトから。

支払いはPayPalへの事前登録が必要。

空席の状況もホームページから確認できます。

当日でも空きがあればその場で料金を支払い乗れるようです。

まあ大体がいい加減。

 

予約が完了すると乗車券のようなものがメールで送られて来ました。

 

f:id:altokoubou:20171215213650p:plain

 

上環のWestern Market Terminusのりば。

f:id:altokoubou:20171215215936j:plain

 

入って来た!

f:id:altokoubou:20171215215940j:plain

 

前から乗り込む。運転手は女性の方。

他の方々は運転手さんにスマホの画面で先ほどの乗車券を見せて確認してもらっていましたが、印刷した乗車券を渡すとなぜか確認することなく、すぐに乗り込めました。

f:id:altokoubou:20171215215945j:plain

観光案内を聞くイヤホンと2日間のフリー券を引き換えにもらいます。

 

1階部分はすごく雰囲気のある車内。でもどうせなら2階でしょう!

f:id:altokoubou:20171215215952j:plain

 

急な階段を上がって2階へ。

f:id:altokoubou:20171215215957j:plain

 

2階席は開放感ありまくり!

f:id:altokoubou:20171215220002j:plain

 

初夏の候の風が涼しく、最高にいい感じでした。

f:id:altokoubou:20171215220009j:plain

 

 

観光案内を聞くためのコントローラ。各座席に取り付けられています。

f:id:altokoubou:20171215222243j:plain

これにイヤホンを差込むと、要所要所でトラムの歴史や沿線の情報が聞こえてきます。

もちろん日本語で、その他は英語・広東語・北京語・韓国語・スペイン語・フランス語・ロシア語の案内があるようです。

日本語はチャンネル5。

「ひだりてをご覧ください。一番高いのが中指です」

 

窓という遮蔽物が無く対向するトラムとのすれ違いは迫力あり!

f:id:altokoubou:20171215223304j:plain

 

高見の見物で、どんどん進んでいく!

f:id:altokoubou:20171215225925j:plain

 

競馬場がありました。沙田競馬場

f:id:altokoubou:20171215225929j:plain

 

香港は「龍」と共存する街。

こんなオブジェがいたるところにあります。

f:id:altokoubou:20171215225933j:plain一等地に建つ高層ビルの中腹に大きな空洞があったり。そこは龍が通る道であるとのこと。

 

f:id:altokoubou:20171215220015j:plain

 

約1時間の散歩は終点に到着。あ〜面白かった!

街のいろんな説明が聞けて実に楽しい。ほとんど覚えてないけど・・・。

1階部分はレトロ感満点。次はちょっと1階に降りてきてもいいかな?

f:id:altokoubou:20171215220025j:plain

 

イヤホンと同時に渡されるトラムのフリーパス。

その名もゴールデンチケット

f:id:altokoubou:20171218234206j:plain

観光案内とフリーパスがついて約1,300円なので、決して高くはありません。

普通のトラムの乗車料金が1回30円ほど。元を取れるとは言い難い。

イヤホンはお土産に貰えます。100均で買える程度のものですが。

 

待望のビクトリアピークへ!

行きたいところ第1号をクリアしたので、次はあの有名な「ビクトリアピーク」 

最初に来たときはツアーで昼間に上りました。

昼間の高層ビル群ももちろん綺麗だけど、あの写真でよく見る100万ドルの夜景をなんとしても見てみたい!

ピークトラムに乗って頂上まで。

乗るだけで2時間3時間待ちと聞いているので、混んでたら無理やなぁ~と半分あきらめていました。

 

ピークトラム乗り場はMTR(地下鉄)の中環駅から歩いて10分くらい。

J2の出口からずっと案内の看板があるので迷うことはありません。

f:id:altokoubou:20171219135310j:plain

 

道中にある、中国銀行タワーと長江センタービル。

シンフォニーオブライツの時の重要な塔になっています。

f:id:altokoubou:20171219162058j:plain

高さ367m 70階と283m 63階。

お互いに写しあってとてもきれい。

f:id:altokoubou:20171219162813j:plain

 

駅近くになると案の定、大行列!

とにかく並ぶことが嫌いなので、どうしょうか?

f:id:altokoubou:20171219135359j:plain

 

とりあえず並んだけど、これはあかんな~と考えているとFさんが「せっかく夜景を見に来たんやから」と一言。

それもそうやね、もうちょっと並んでみるか!と。

よく言ってくれたもの。この一言がなければ諦めていました。

それから何故かすぐに列は動き始め、どんどん進む!

乗車券売り場近くまで到達しました。

 

ピークトラムに早く乗る方法!

売り場近くでよく肥えたおばちゃんが広東語でなにか呼びかけています。

そのなかで「オクトパスカード」という言葉が聞こえたような気が。

ひょっとしたらオクトパスカードがあれば早く乗れるんかな?

近寄って「I have octopus card.」と言ってみると何百人もすっ飛ばしてそのまま改札に通してくれました!

諦めなくてよかった。

Fさんおおきに!

山頂駅まで往復でHK$45 約600円でした。

f:id:altokoubou:20171219140415j:plain

www.hongkongnavi.com

これは実に便利なICカード。いろんなところで使えて、帰るときにそれまでチャージしていた分が余っていれば空港で返金してもらえます。

香港にいる人は現地人・外国人を問わず、全員が持っていると思っていた便利なカードなのに、こんなに大勢の人が持っていないとは!

オクトパスカードのおかげで30分くらいは短縮出来たのではないでしょうか?

 

すぐにホームに入ることができて、程なく到着したトラムに乗る事ができました。

f:id:altokoubou:20171219141240j:plain

 

しっかりと座席も確保!

本当は夜景が見える右の窓側に座りたかったけど、贅沢は言いません。

f:id:altokoubou:20171219141312j:plain

山頂まで約8分。ケーブルカーとして27度の急斜面を登っていきます。

このケーブルカー、1400mの軌道を1本のワイヤーで牽引しているみたい。

1888年明治21年の開業以来100年以上、無事故であるそうです。

ケーブルが切れたらジェットコースターになってしまうというのに。

 

トラムを降りて更に上を目指す!

以前は無料であったらしい、「ピークテラス428」おみやげ物店兼展望台

オクトパスカードで入館料HK$20 約300円を支払い、延々とエスカレーターで上がっていきます。

f:id:altokoubou:20171219145236j:plain

100万ドルよ待っておれ。Canon EOS 5D Mark-Ⅲ の餌食にしてくれるわ!

 

→ 感動の夜景編に続く

To be continued !

 

3回目の香港ツアー 現地は夏日なり! その ② 〜 香港に入国・ホテルにチェックイン編 〜

 

香港に到着。予想通りの快適さ!

着陸の衝撃で惰眠から目が覚めた。

飛行機の窓から外を見ると、年末の12月というのに香港国際空港は亜熱帯の強い日差しがあふれている。

f:id:altokoubou:20171213224612j:plain

この日(12月4日)の気温は24度・湿度60% なんと過ごしやすい!

日本では初夏の陽気かな?

香港は12月が一番気候がいいと聞いていて、まさにその通り!と実感しました。

 

関西国際空港よりもはるかに大規模な香港国際空港

ターミナル間の連絡は地下鉄となっています。

f:id:altokoubou:20171213230007j:plain

 

成田空港よりも大きい模様。

f:id:altokoubou:20171213230013j:plain

 

11時に到着したので、日本とはマイナス1時間の時差。ちょうど12時ごろなので空港内でお昼ご飯としました。

到着ロビーにある飯屋さん。

空港内はいろいろとおいしいご飯屋さんの支店が出店しています。

どこがいいかな~とウロウロ。

その数多い中で選んだのはあのミシュランガイドで一つ星をGETした銅羅湾にある、何洪記粥麺専家(なんて読むかはわからない)の空港支店。

少し混んでいたけど、ちょっとだけ待って席に案内してもらいました。

よくわからないので、メニューの写真を見て適当に4人分・4品注文したところウェイトレスのおばちゃんが「えっ4品?」というような事を言ったような気が。

なんのことかわからず、別に気にせずに 「Yes,four.」と答え、料理が出てきてびっくり。

 

       デ カ イ ! 

f:id:altokoubou:20171213224639j:plain

 

  で ら い !

f:id:altokoubou:20171213224635j:plain

 

どうやら一品が二人前くらいであったようです。

それでおばちゃんは「倭人はそんなに大食いなのか?」と疑問に思ったのでしょう。

でもまあ腹が減っていたので、多いことはありがたい。

しかし!自分以外の3人は女性、こんなに食べるのは無理。ということで、一人で3人前くらい食べていきなり腹一杯になりました。

香港の料理は妙に甘いものが多いけど、この麻婆豆腐は適度に辛くとても美味しかった!!

お腹も収まったので、いよいよ香港の街に降臨!

 

空港高速鉄道の駅。

なんと「くまモン」がお出迎えしてくれるモン!

熊本地震の復興に協力して戴いているようです。

   謝 謝 ! (広東語圏の香港では 多謝?)

f:id:altokoubou:20171213224650j:plain

 

この高速鉄道は実に快適。あっという間に香港の中心部に運んでくれます。

f:id:altokoubou:20171213224646j:plain

 

すっかりお馴染みとなってしまった香港の街に想いを馳せながらも、電車に揺られてまた眠た・・・。

朝4時起きであったもので。

 

いつもの香港が待ってくれていた

高速鉄道を普通の地下鉄に乗り換えて、ホテルがある「佐敦・Jardon」の駅。

地下鉄から上がるといつもと同じ、カオスの只中に放り込まれました。

f:id:altokoubou:20171215194830j:plain

香港の雑踏の中に踏み入れるとなぜかホッとするような。

実は香港のいろんな有名な観光地に行かなくても、露天などがあるカオスの中をウロウロするだけで満足しているのでした。

駅の出口には香港・九龍の街のどこにでもある「周大福・Chow Tai Fook」の店舗が目の前に。

香港を 拠点にするコングロマリット。不動産開発、ホテル、カジノ、交通、宝飾品、港湾、通信 事業を営む。by Wikipedia

香港では主に宝石店となっており、まあどこにでもあるある。

香港人はそんなに宝石が好きなんかな?

 

工事中でもこの顕示欲。通常よりも目立ってるやないかい!

f:id:altokoubou:20171213224654j:plain

 

魔境に潜入

今回のお宿である「Hang Ho Hostel」

佐敦駅のすぐ近くのはずが、全然わからない。

f:id:altokoubou:20171215210511p:plain

 

同行のFさんが持ってきた、ホテルの外観を写したであろう写真のビルは見つけました。

しかし、そこは医療機関が入っているビルで、ホテルらしきものはない。

f:id:altokoubou:20171213224658j:plain

 

よくよく見回すと、周大福の上の窓にわずかにHostelの文字が。

f:id:altokoubou:20171214234918j:plain

 

ここでした。よく見つけたもの。

このホテルは案内の写真に適当にその辺の小綺麗なビルを載せているんかな?

そんないい加減さが、オモロイやないかい❗️

f:id:altokoubou:20171215200615j:plain

 

街を歩くとどこでも目にする、雑居ビルのようなアパートのようなゴチャゴチャした建物の中にホテルはありました。

以前からこんな建物の中はどうなっているのか興味津々で、一度は入ってみたいと思っていた!

いよいよ今日は魔境を探索できるかと思うとワクワクしてきました。

 

 

ビルの入り口には警備員らしきおっちゃんが座っているけど、特になんのチェックもなし。

エレベーターで3階まで。

f:id:altokoubou:20171213224716j:plain

 

エレベーターを降りると廊下の両側にいくつか扉が並んでいて、それぞれ扉の奥にさらに部屋があるようでした。

f:id:altokoubou:20171215195947j:plain

 

治安は悪くないと思うのですが、いずれの扉にも厳重な鍵がかかるようになっています。

この中にいくつもの部屋があり、賃貸のアパートとしている様子。

扉ごとに所有者が違うのでしょう。

f:id:altokoubou:20171215195954j:plain

 

Hang Ho Hostel の他にもホテルが入居していて、上の方の階はアパートになっているようです。

f:id:altokoubou:20171215200001j:plain

 

この設備では火事が発生したら心もとない模様。

f:id:altokoubou:20171215200008j:plain

 

窓からゴミとか食べ物とかタバコとかラーメンの汁なんかを落とすな!

との張り紙。

f:id:altokoubou:20171215200012j:plain

 

そんな中にHang Ho Hostelの受付がありました。

予約時にはHostelとなっていたのに、実際にはHOTELでした。

そんなちょっとしたことがすごく楽しい!

f:id:altokoubou:20171215094341j:plain

 

フロント窓口。

f:id:altokoubou:20171215094346j:plain

 

受付のおばちゃんになんとか意思が伝わって、無事契約成立。

2部屋 × 2泊で HK$1,720 = ¥24,080  1人1泊 ¥6,020-でした。

f:id:altokoubou:20171215094354j:plain

 

今回の旅行で行きたいところ

① オープントップトラム

② ビクトリアピーク

③ ヒルサイドエスカレーター

④ スターフェリー

⑤ シンフォニー・オブ・ライツ

⑥ 露天

⑦ Jazzライブハウス

⑧ 電気街

事前に色々と書き出しました。二日間でどこまで行けるかわからないけど、できるだけ廻ろうと。

第一の目的地であるオープントップトラムは予約してあり、集合時間が午後4時20分。

もうあまり時間がない、急げ!

 

 その③ 香港の街に吸い込まれ編に続く。

To Be Continued !

3回目の香港ツアー 現地は夏日なり! その ① 〜 出国編 〜

 

総勢4人の珍道中

 

すっかり嵌った香港・3回目。

 いきなりですが、これが今回のツアーで一番いい出来の写真となります。

ビクトリアピークで撮った100枚以上の中での一番!

f:id:altokoubou:20171212214550j:plain

自分の中で、奇跡の一枚と言えるものになりました。

 

今回の香港行きはいつものように嫁さんと二人ではなく、嫁さんの親友2人も一緒に行きたい!とのこと。

一連のブログを読んでいただいて大いに興味をそそられ、行ってみたいと思われたようです。

邪魔になるかなと恐縮されていましたが、そんなことは全然気にならない!

人数が多いほどおもしろくなるかな?くらいにしか考えませんでした。

しかし、自分たち夫婦の歳をわきまえないハードな行程によく参加しようと考えたもの。

知らないということは強いもので。

 

現地の天気をチェックすると、天気は全日程「晴れ!」

しかも気温は21〜25°!なんと夏日ではありませんか!

日本は冷蔵庫に入ったというのに・・・。

 

平日のピーチは格安!

 

今回ももちろんピーチで。

しかも一番安い便を狙ってチケットを取ったので平日に出発・帰着となりました。

f:id:altokoubou:20171212215012j:plain

 

12月4日(月) 出発 〜 6日(水) 帰国という、ド平日。

溜まりまくって不良資産と化した有給休暇を整理するかのような行程です。

 

片道3,690円という、名古屋へ行くよりも安い航空券は 9月27日の午前0時 売り出しの日を待ってGETしました。

● 料金明細・円 大人2人  (1人分)

航空運賃 :14,760-  (3,690- 1人片道)

香港空港建設費:2,620- (1,310-)

香港出国税:3,480- (1,740-)

空港旅客保安料(香港):1,320- (660)

関西空港国際線旅客保安サービス料:620- (310-)

関西空港国際線旅客サービス施設使用料:2,460- (1,230-)

支払い手数料:1,760- (880-)

合計:27,020- (13,510-)

一人当たり13,510円+宿泊費で2泊3日の香港旅行ができるので、何回でも行きたくなるというもの。

LCCがあってよかった!

料金の中の「関西空港国際線旅客サービス施設使用料」という項目。

これが後で大きな意味を持つことになりました。

 

始発の阪急電車関西空港

 

朝8時20分の飛行機なので、始発電車で関西空港へ向かいます。

夜も未だ明けやらぬ、早朝5時に阪急総持寺駅集合。眠い!!

無事に4人が集まって、珍道中の始まり!

 

関西空港までの「京都アクセスきっぷ」

阪急電車南海電車を連絡してお得です。

f:id:altokoubou:20171212223824j:plain

 

阪急電車から南海電車への乗換・天下茶屋駅

朝6時前では人影もまばらでした。

f:id:altokoubou:20171212220244j:plain

 

ここから関空特急・ラピートに乗ります。

これに乗れば旅行気分が盛り上がる!

ホームで特急券を買います。

f:id:altokoubou:20171212220514j:plain

 

今日は前回と違い混んでいるようで、指定席は「分散」というボタンを押して4人はバラバラに座ることとなりました。

f:id:altokoubou:20171212220533j:plain

 

f:id:altokoubou:20171212220534j:plain

 

関西国際空港に到着。

クリスマスムードがあちこちに。

f:id:altokoubou:20171212224158j:plain

f:id:altokoubou:20171213203826j:plain

 

 

ピーチにチェックイン

 

LCCは第2ターミナル。第1ターミナルから珍しい2連結のバスで移動となります。

f:id:altokoubou:20171212224748j:plain

 

バスを降りたすぐ前が第2ターミナル。

f:id:altokoubou:20171212224801j:plain

 

例によって「倉庫」に入っていきます。

f:id:altokoubou:20171212224817j:plain

 

ピーチの経営が思わしくなければ倉庫に転用するつもりで建てられたターミナルビル。

なんの装飾もない、この無駄を排した潔さがいいですね〜。

f:id:altokoubou:20171212225054j:plain

 

チェックイン機にスマホであらかじめ取得したQRコードを読み込ませます。

f:id:altokoubou:20171212223122j:plain

 

f:id:altokoubou:20171212223110j:plain

 

パスポートの顔写真の部分も読み込ませます。

びろ〜んと搭乗券が出てきました。

f:id:altokoubou:20171212223135j:plain

 

搭乗券には大阪らしく OOKINI!!(おおきに!!)

機内のアナウンスも最後に「ほんま、おおきに!」と締めくくります。

「おおきに」に対する正しい返答は「かめへん」か「べっちょない」あたりでしょうかね。

Deepな大阪標準語。

f:id:altokoubou:20171213204204j:plain

 

搭乗手続き。

前回は予約時の名前の入力ミスでちょっと手間取ったけど、今回は何事もなく完了!

f:id:altokoubou:20171212230249j:plain

 

必需品であるWiFi  680円/日

なんでイモトやねん! とまたも思いながら・・・。

WiFiが有ると無いとでは大違い! 海外には是非とも持っていくことをお勧めします。

f:id:altokoubou:20171212230430j:plain

 

 

出国手続きを済ませ、いよいよ出発!

 

出発の直前に、以前京都に住んでいた時の近所の娘さんに出会うという偶然がありました。

同じ便で香港に向かうとのこと。

うちの娘と同級生なので、娘に写真を送ると一瞬のうちにLINEで友達一同に情報が伝わったようです。

f:id:altokoubou:20171212231929j:plain

 

これから命を預ける、ピンクのキレイな機体。

よく見たらちょっと汚れている。

f:id:altokoubou:20171212232013j:plain

 

機内は荷物の置き場にも困るくらいの満席でした。

嫁さんとは通路を挟んでしかも1席空けてと離れていましたが、隣の席の方に快く代わって頂けて、無事に隣になることができました。

f:id:altokoubou:20171212232049j:plain

 

到着までの約4時間。

iPadにたくさん詰め込んできた「上方落語」を聴き、ひたすら寝ていました。

 桂米朝師匠の「立ち消え」はやっぱり名人芸。

 

 → 香港に入国編に続く!

To be continued!

新名神高速道路 千堤寺IC 開通前

 

いばきたハイウェイウォーク

 

新名神高速道路 茨木千堤寺IC 開通前のイベント「いばきたハイウェイウォーク」に参加してきました。

f:id:altokoubou:20171129130838j:plain

 

12月10日に開通前の新名神高速道路 「千堤寺PA」から高速道路の本線を往復約3km歩くというイベント。

現地には駐車場が無く、徒歩・自転車・バイク・シャトルバスをご利用くださいとのことでした。

この近辺はいつも自転車で走っているコース。

今回は3kmを歩いて写真を撮ることが目的なので、自転車で行くには重いカメラを下げて会場までの山を登るのはまだしも、自転車の靴で3kmを歩くのは無理と、バイクにしました。

自宅からバイクでは10分ほどの距離。

f:id:altokoubou:20171129132522j:plain

インターへの行き方

国道171号線 中河原の交差点を北へ。

東福井の三叉路を右側へ忍頂寺に向かって山を登る。

大岩郵便局を過ぎると茨木千堤寺ICの入り口が見えてきます。

 

高速道路のインターチェンジを原付バイクで突破!

 

真新しい茨木千堤寺インターチェンジ

f:id:altokoubou:20171129133120j:plain

 

高速道路の料金所・ETCレーンを原付スクーターで通過するという、得がたい経験をしました!

f:id:altokoubou:20171129133125j:plain

 

ゲートバーが閉まることも、交通機動隊に止められることもなく、無事に通過。

f:id:altokoubou:20171129133212j:plain

 

入ってすぐに京都方面・川西方面の分岐点があります。

12月10日(日)に名神高速高槻JCTから川西ICまで26.2kmが開通の予定。(事故がなければ)

f:id:altokoubou:20171129133620j:plain

 

本線へは、PAから出てくる車と合流してさらに本線への合流と行くようで、連続合流注意。

f:id:altokoubou:20171129134628j:plain

 

バイクの駐車場には上り線PAからの出口の道路を順路に従い「逆走!」したった!

f:id:altokoubou:20171129135006j:plain

 

ウォーキングのコースである、本線下り線には既に多くの人が歩いています。

f:id:altokoubou:20171129135513j:plain

 

スターバックスは無し・・・。

 

上り線のPA

数年前からこの広い敷地にPAを建設しているところを自転車に乗っていつも眺めていました。

これが「ハイウェイオアシス」でスターバックスが入ったらええのになぁ~と期待しながら。

ところが!

できてみると、駐車場だけが広いパーキングエリア。

建物はこのトイレのみ。

ハイウェイオアシスなら外部からも出入りが自由なので、気軽にスタバを楽しめると思ったのに残念でした。

f:id:altokoubou:20171129141340j:plain

 

 迫る工期!

開通までの工期はあと少し。しかしまだ電気工事は残っています。

「こんなイベントに付き合っている暇はないんやけどな~」と工事関係者の嘆きが聞こえてくるような。

f:id:altokoubou:20171129144844j:plain

 

法面の工事もまだまだ残っている。

ガンバレ!

このイベントのための準備で資材の片付けや作業ヤードの整理、現場の整理整頓などで1週間ほどは工事をストップしたのではないでしょうか?

1時間でも惜しいんや~。と工事関係者の (中略)

f:id:altokoubou:20171129145513j:plain

 

ザビエル像発見の地

この辺りは「隠れキリシタンの里」がほど近く、あの有名なフランシスコ・ザビエル肖像画(重文)が発見されたところです。

小学校の教科書には必ずといっていいほど載っていますね。

www.city.ibaraki.osaka.jp

 

f:id:altokoubou:20171129150056j:plain

 

ここから世界中に流布しました。

f:id:altokoubou:20171129150838j:plain

 

横断している陸橋からコースを覗く。

f:id:altokoubou:20171129145354j:plain

 

スタート地点である下り線PAのメイン会場にはいろんなご当地キャラクターが。

珍しい「鬼」のキャラクター  ~ 茨木童子 ~ 

f:id:altokoubou:20171129151132j:plain

 

豊野町からは     ~ とよのん ~

f:id:altokoubou:20171129151138j:plain

 

とよのんの後頭部には空調服の電動ファンが! ここから外気を導入すれば真夏の暑さもだいぶマシになる?かな?

寒い今日は回ってはいなかった。

f:id:altokoubou:20171129151149j:plain

 

ウォーキングに出発!

さすがに山の中で冷えるけど、いい天気で気持ちよかったです。

f:id:altokoubou:20171129151534j:plain

 

f:id:altokoubou:20171129151659j:plain

 

箕面とどろみIC

下り線のPAから本線に入ってすぐにもう次のICの案内標識がありました。

箕面とどろみIC  7km先。

千堤寺ICからトンネルに入り、出たところが箕面とどろみICとなっています。

箕面とどろみICを出て箕面有料トンネルに入り、新御堂筋を走ると大阪市内中心部へ直結!

このインターは値打ちがあります。

f:id:altokoubou:20171129151845j:plain

 

多くの方が記念写真を。

f:id:altokoubou:20171129152319j:plain

 

紅葉がきれいでした。

f:id:altokoubou:20171129155137j:plain

 

抜けるような青空!

f:id:altokoubou:20171129155555j:plain

 

途中の高架橋からは茨木市の街を超えて枚方生駒山まで見渡せます。

f:id:altokoubou:20171129152505j:plain

 

大阪市の中心部も。

f:id:altokoubou:20171129153235j:plain

 

家族連れでいっぱいでした。

f:id:altokoubou:20171129161033j:plain

 

箕面トンネル

 

箕面トンネルまで来れば折り返し点。

f:id:altokoubou:20171129153331j:plain

 

トンネルに関するクイズが。

f:id:altokoubou:20171129160709j:plain

この「箕面トンネル」は延長は何キロですか?

正解は新名神高速道路で最長の約7km。

その他の長いトンネルは、

中央高速の「恵那山トンネル」が8.6km

東海環状道路の「飛騨トンネル」は10.7km

箕面トンネルは長大な方に分類され、道路トンネルとしては国内で10位にランクインすると思います。

ちなみにトップはお江戸の「山手トンネル」延長18.2km!

 

帰り道は日が翳ってきて寒かった。

f:id:altokoubou:20171129160904j:plain

 

早稲田摂陵高校 ウインドバンド

戻ってきたメイン会場では早稲田摂陵高校のブラスバンドが演奏していました。

見事!!

f:id:altokoubou:20171129162243j:plain

f:id:altokoubou:20171129162250j:plain

 海外のコンクールで優勝するなど、かなりの実力があるようです。

とても上手かった!

 

ハイウェイではなくエキスプレスウェイ

高速道路をよくハイウェイといいますが、ハイウェイ (highway)とは一般道路を含めた幹線道路をいいます。

高速道路はエキスプレスウェイ(expressway)が正式な呼び名となります。

日本道路公団も以前はJH (Japan Highway Public Corporation)と略称していましたが、名前を変えて今では NEXCOネクスコNippon EXpressway COmpany Limited)とエキスプレスウェイにしています。

ど~でもえ~ことですけどね!

 

川西ICはどこ?

今回の開通区間の終点である「川西IC」とはどこにあるのでしょうか?

なかなか地図が見当たらず探しました。

f:id:altokoubou:20171129165430j:plain

国道173号線 川西市 能勢電鉄畦野駅近くの東畦野交差点が川西IC線の起点となっています。

今回の開通区間

f:id:altokoubou:20171129165606p:plain

 

略図では。

f:id:altokoubou:20171129165716g:plain

 

料金はこんな様子です。

上半分の黄色の部分

上段:軽自動車

中段:普通自動車

下段:中型車

青文字:距離

f:id:altokoubou:20171129165932g:plain

高槻~川西は普通車で960円。

 

残っている川西~神戸ジャンクション間は来年3月に開通の予定なので、あの悪名高い「宝塚トンネル」の大渋滞の解消は3月まで待つことになりそうです。

スポンサードリンク