スポンサードリンク

第4回目の香港旅行 やっぱり忙しい その4 魔境を探索!完結編  〜 閲覧注意 〜

スポンサードリンク

 

晴れの北角

 

香港二日目の朝は晴れ。よかった〜!

でも天気予報では昼から雨なのでしっかりと傘は持って出ました。

雨上がりの北角。

f:id:altokoubou:20180628083649j:plain

 

HONG KONGのバナナは繋がっている!

f:id:altokoubou:20180705164937j:plain

 

いつもの「大家楽( Cafe De Coral )」で朝ごはん。

ここはメニューが全て写真に載っていて、しかも番号が付いているので写真で確かめて番号を言うだけで注文できるので楽です。

f:id:altokoubou:20180627220916j:plain

 

豊富なメニュー。

f:id:altokoubou:20180627220919j:plain

 

おばちゃん達の実に鮮やかな手さばきでどんどん出て来る!

f:id:altokoubou:20180627220928j:plain

 

やっぱり香港の朝はお粥と焼きそば!

この薄味にもすっかり慣れました。

f:id:altokoubou:20180627220932j:plain

 

魔境の探索に出発!

 

目的地は香港の観光案内にたまに出て来る、超密集の高層アパート。

 益 昌 大 厦 を探索します。

 

f:id:altokoubou:20180705162238j:plain出典:www.flickr.com
投稿:2017年6月7日
Yick Cheong Building, Quarry Bay, Hong Kong by aotaro

フランス人写真家Romain Jacquet-Lagrèze氏が撮影し有名になったスポットです。

 

トラムに乗って出発!

f:id:altokoubou:20180627220957j:plain

 

停車駅はMTRでは港島線・「太古駅 B出口」を出て左側。

トラムに乗っていくなら「柏架山道(Mount Parker Road)」

f:id:altokoubou:20180705162042j:plain

 

トラムは駅名がなかなか分かりにくいので、この大きなアパートが見えて来た時点で降ります。

駅名に気づかずに前を通り過ぎてしまっても次の駅「船塢里 (shipyard Lane)で降りて、戻って来て全然大丈夫。数分で戻って来られます。

大きく湾曲した巨大な高層アパート。

f:id:altokoubou:20180627221009j:plain

 

このアパートの裏側が目的地。

f:id:altokoubou:20180627221025j:plain

 

こんな巨大なビルなのに曲がっているお陰か、あまり威圧感はありません。

f:id:altokoubou:20180627221034j:plain

 

入り口は「海山楼」「海景楼」という表示があるところ。

恐る恐る中に入ってみると。

1階部分は商店街になっていて普通。

f:id:altokoubou:20180627221303j:plain

 

上を見上げると。

すごい光景が広がっている!

f:id:altokoubou:20180627221236j:plain

 

どれだけの部屋数があるんやろ?

何人くらいが住んでいるんやろ?

 

映画 「トランスフォーマーロストエイジ」の舞台になったところとしても知られています。

見ていないのでどんなんか知りません。

黒人のカップルがおそらくインスタ向けの写真を飛び跳ねて撮っていました。

f:id:altokoubou:20180627221244j:plain

 

f:id:altokoubou:20180627221329j:plain

 

セガレをモデルに。

f:id:altokoubou:20180627221416j:plain

 

九龍城砦がなくなった後、ギラギラネオンと並んでここが一番香港らしい場所かな?

f:id:altokoubou:20180627221709j:plain

 

奥には新しい高層アパートが聳えています。

一部屋の広さはあまり変わらないように見えるけど、かなり高級そうな感じ。

でも住むなら断然コッチの方が面白いでしょう。

f:id:altokoubou:20180627221728j:plain

 

真上を見上げるとまたすごい!

f:id:altokoubou:20180627221521j:plain

 

f:id:altokoubou:20180627221633j:plain

 

実はこの場所、2018年の2月から写真撮影が禁止になったようです。

当たり前ですが、住人がごく普通に暮らしている家。

それをバシャバシャ写真に撮られるのは迷惑極まりないことですね。

特に撮影禁止という表示もなかったので撮ってしまいました。

すいません。

 

出たところで、香港名物「たまごタルト」を食べた。

f:id:altokoubou:20180627221800j:plain

 

次の魔境・重慶大厦

 

何回もブレブレで撮影に失敗しているチョンギンマンション。

正面からカメラを向けると危ないので、脇に抱えて目立たないように隠し撮りみたいにするために毎回どうしてもブレていました。

手ブレを防ぐにはシャッタースピードを速くすればいいだけのこと。と気がついたのは3回目の香港旅行が終わった後。

これは再度挑戦せねば!

MTRで「鰂魚涌(Quarry Bay)」駅からスターフェリー乗り場がある「湾仔(ワンチャイ)」駅へ。

f:id:altokoubou:20180627221851j:plain

 

駅を出て「湾仔フェリー乗り場」へ

f:id:altokoubou:20180705175259j:plain

 

券売機もあったけど、もちろんオクトパスカード

これで乗船券を買う人はそう多くないでしょう。

f:id:altokoubou:20180627221934j:plain

 

ゆっくり座って約6分間のクルージング。みじかっ!

f:id:altokoubou:20180627221947j:plain

 

ビクトリアハーバーには多くの船が行き交っていました。

f:id:altokoubou:20180627221959j:plain

 

向こうには中環に向かうスターフェリーが。

香港島には中環と湾仔にフェリー乗り場があり、どちらも九龍の尖沙咀に到着します。

f:id:altokoubou:20180627221951j:plain

現在9隻の船で運行しており、それぞれに星がつく船名があるそう。

銀星號とか夜星號とか。

 

雨が迫って来る! やっぱり天気予報は当たってしまった。

f:id:altokoubou:20180627222555j:plain

 

ビクトリアピークのピークタワー。

昨夜、夜景を眺めたところ。

f:id:altokoubou:20180627222007j:plain

 

実はこんなに低いところにあります。

山そのものが標高553mなので展望台も低い。

それであんなに近くに迫力のあるビル群が見えるんですね。

f:id:altokoubou:20180627222003j:plain

 

夜はこんなんです。

f:id:altokoubou:20180705181338j:plain

 

尖沙咀(チムサーチョイ)でフェリーを降りてペニンシュラホテルの前を通り、重慶マンションへ。

f:id:altokoubou:20180627222707j:plain

 一度は泊まってみたい! 空港までロールス・ロイスで迎えに来てもらって。

 

雨はだんだんと強くなって来た。

重慶マンション到着。

f:id:altokoubou:20180627222731j:plain

 

シャッタースピードを1/1000くらいに早めて、潜入開始! ← そんな大層なものではありません。

両替商が多い。

f:id:altokoubou:20180627222749j:plain

 

ここにも。レートは0.071ほどでした。

奥に行くほどレートがいいらしいけど、実際はほとんど変わりませんでした。

なん十万円も両替したら違ってくるでしょうけど。

f:id:altokoubou:20180627222808j:plain

 

いろんな店が軒を並べている。

f:id:altokoubou:20180627222830j:plain

 

ハンバーガー屋さん

f:id:altokoubou:20180627222835j:plain

 

インドネシア系の人たちが多いみたいです。

f:id:altokoubou:20180627222844j:plain

 

食料品店も。

f:id:altokoubou:20180627222928j:plain

 

酒屋さんもありました。

f:id:altokoubou:20180627223030j:plain

 

家電店

f:id:altokoubou:20180627223620j:plain

猥雑ではあるけど、どこも清潔にしていて怖い感じもほとんどなく、なんか普通の商店街みたい。

カレー屋さんが美味しいというので、次は試そうかな?

 

露天から鳥市場へ

 

昼ごはんは珍しくマクドナルドへ。

こちらのマクドナルドは店頭のタッチパネルで注文するというものでした。

f:id:altokoubou:20180627234831j:plain

お持ち帰りか(外賣)、中で食べるか(堂食)を選んで。

 

メニューを選びます。

f:id:altokoubou:20180628002148j:plain

カウンターで受け取り・支払い。

味と量は日本と同じでした。ポテトの塩味がほとんどしなかったくらいの違い。

 

旺角の露天で掘り出し物

 

北角に続いて好きな旺角の露店街。

前にはあまりなかったドライブレコーダの専門店が多くありました。

f:id:altokoubou:20180628021156j:plain

 

ドローンの専門店もいくつか。

f:id:altokoubou:20180705185704j:plain

 

スマホのカバー屋さんでガラスのカバーをGet!

f:id:altokoubou:20180705191714j:plain

 

前に来た時にはどこのカバー屋さんでも本体カバーと同じようにガラスカバーも盛大に吊り下げていたのに、この日はどこにも見当たらない。

ガラスカバーはどこ?と聞くと大きなオッチャンは店の奥の引き出しから出して来ました。

大量にあるのに、なんで並べないのかな?

f:id:altokoubou:20180628040032j:plain

いろんなカラーがあり、黄色を選びました。約600円 安い!

おっちゃんが丁寧な仕事できれいに張り替えてくれました。

 

LED専門店では自転車のテールランプを。

f:id:altokoubou:20180705191717j:plain

 

USBで充電。最近はみんなこれになりましたね。

電池交換が不要で、とても便利。

f:id:altokoubou:20180705191721j:plain

 

赤・ピンク・青色の3色に変わって、もの凄く明るい!

日本では見たこともないもの。

これも600円くらいでした。日本なら3,000円くらいしそうなもの。

f:id:altokoubou:20180705191726j:plain

f:id:altokoubou:20180705191732j:plain

f:id:altokoubou:20180705191735j:plain

夜に自転車で走るときに十分目立ってくれるでしょう。

これはいい買い物でした!

 

金魚街と鳥市場

 

金魚街は旺角・太子エリアにあります。

金魚を簡単に袋詰めしただけで売っている。

ブクブクで空気を送らないで金魚達は生きていけるのか?

すぐに売れるのでいいのかな。

f:id:altokoubou:20180628083359j:plain

香港人は風水とともに生きています。

飼う魚の数まで風水で決めていて、数が変わらないように死んでしまった場合にはすぐに補充しているそう。

それでこんなにも多くの金魚が売れているんですね。

 

餌にするのかな? 多分カエル。うごめいている。

f:id:altokoubou:20180628083432j:plain

 

ビルまで金魚柄。

f:id:altokoubou:20180628083441j:plain

 

ちゃんと水槽に入ってるものもありました。

f:id:altokoubou:20180628083403j:plain

 

次は鳥市場

園圃街雀鳥花園という公園にあります。

MTR荃湾線で「太子駅」から歩いて10分くらいのところ。

f:id:altokoubou:20180628083004j:plain

 

香港人は鳥など小動物が大好き。

家が狭いのでペットにするには小さい動物しか無理なので。

f:id:altokoubou:20180628083014j:plain

 

放し飼い? 飛べないように翼の一部を切り取っているのでしょう。

f:id:altokoubou:20180628083034j:plain

 

こちらも。色あざやかなオウムかな?

f:id:altokoubou:20180628083044j:plain

 

f:id:altokoubou:20180628083047j:plain

たくさんの鳥かごが積み上げられています。

それぞれに小鳥がぎっしりと詰め込まれ。

f:id:altokoubou:20180628083037j:plain

f:id:altokoubou:20180628083028j:plain

公園とかに鳥かごを持って行ってみんなで鳴声のきれいさを競うそうです。

長閑やな〜。

 

夜ご飯はラーメン屋さん? 米線専門店。

f:id:altokoubou:20180628083522j:plain

 

辛さが5段階に選べるけど、香港は大体が薄味なのでたいした事はないやろと4辛を選びました。

f:id:altokoubou:20180628083515j:plain

 

無事に死亡。

辛いなんてものではなく、一緒に出て来た甘いメロンソーダで流し込まないとても食べられないレベル。

噛んだら辛さが倍増するので、飲み込むのみ!

それでも半分も食べられなかった・・・。

自分は辛いものが大好きなのに。

f:id:altokoubou:20180628083518j:plain

香港県人は平気でこんな辛いものを食べるのか?

 

シンフォニー・オブ・ライツは残念。

 

辛さと格闘しているうちに8時前になってしまった。

急いで尖沙咀プロムナードへ。

海岸の遊歩道にはすでに人がぎっしり。

f:id:altokoubou:20180628083529j:plain

 

眺めるには問題ないけど、いい写真を撮ろうとすると最前列に行かないと無理。

f:id:altokoubou:20180628083533j:plain

どうしても前に行けないのでもう写真は諦めて、ライトショーを楽しみました。

これで二日目の行程は終了。

今日もよく廻った・・・。

 

エゲツない豚肉(グロ画像あり閲覧注意!)

 

あっという間に最終日。もう帰る日になってしまった。

帰りに飛行機は12時40分。

余りゆっくりしていられないので遠くに行かず、北角の街を散策することに。

f:id:altokoubou:20180628083955j:plain

すっかり見慣れた街になりました。

 

 

精肉店の横を歩くと肉を搬入する最中。

トラックからなにやら肉を下ろしている。

f:id:altokoubou:20180628083906j:plain

 

ゲッ!大きな豚の縦割り!

きれいに内臓を取り出して、血を洗い流して。

f:id:altokoubou:20180628083919j:plain

 

それを店の前の歩道にぶちまける!

f:id:altokoubou:20180628083922j:plain

絶対にきれいではない、みんなが歩いているコンクリートの上に直置き!

しかもこの暑い夏の昼間。

湿度も100% 、ものの数分で腐り始めようかという勢いなのに。

あの〜 衛生とかいう概念はないのですか?

 

それを品定めしている港女さま達。

f:id:altokoubou:20180628083943j:plain

   エ ゲ ツ な 〜 !

 

今日は日曜日。

街角には平日には見られなかった、ガラクタを並べて売っている人が。

f:id:altokoubou:20180628083845j:plain

使い古しの鍋とかポットとか。

わからないおもちゃとか古雑誌とか。

f:id:altokoubou:20180628083823j:plain

小遣い程度になればいいんでしょうかね。

大阪でも通天閣の界隈に行けばこんな風景がよくあります。タバコ1本だけとか。

 

映画の宣伝で千葉真一さん・桜木健一さん・中野良子さんがそのままの漢字で出ていました。外国で活躍されているのですね。

f:id:altokoubou:20180628084056j:plain

 

名残惜しいけど、香港の街を後にして空港特急で空港へ。

f:id:altokoubou:20180628084109j:plain

香港の余韻を楽しむ間も無く、あっという間に空港へ到着。

 

香港最後の食事。

豚足定食のようなものを食べたけど、この豚足は先ほどのあの豚か?

f:id:altokoubou:20180628084130j:plain

うまかったです。

 

レンタルのパソコンはiMac

このブログを表示してきました。誰か見てくれるかな〜。

f:id:altokoubou:20180628084217j:plain

 

飛行機は前回と違って定時に出発。

f:id:altokoubou:20180628084214j:plain

 

飛行機の中では乗ってすぐに上方落語を聞いているうちに深い眠りに落ちた。

約3時間半で関西国際空港に無事に到着しました。

入国手続きを終えて、イモトのWi-Fiを返却。

返すときは箱に放り込むだけと簡単。

f:id:altokoubou:20180628084250j:plain

 

またまた実に忙しい・楽しい2泊3日の香港旅行でした。

行きたいところが多すぎるので、のんびり旅行なんてものは恐らく当分無理でしょう。

まだまだ行くべきところは多く残っているので、次も忙しくなる模様。

 

今回は4部作にも及ぶ長いブログを最後までお読みいただき、誠に有難うございました。

こうやって旅行記としてまとめておくと何年経っても鮮明に思い出すことができるので、いいものと思います。

必ずまた行きます。メンバーはどうなっているかわかりませんが。

そのことをブログに書くことが今から楽しみです!

またお付き合いください。

 

 

スポンサードリンク